雑記21

日を空けると何を書こうとしていたのか忘れます。

 

アメリカが推し進める新自由主義と言うものをもう少し見てゆきたいと思います。

市場原理と自由選択という二本柱に支えられたその思想が、現代のアメリカの抱える問題である。

前回紹介した本を要約するとこのような形になるかと思います。

 

そして、日本では小泉内閣当時、それを模倣する形で推し進め、現代の社会的な問題を助長したように思います。

全てを合理化という一つの尺度で測る危うさ、とでも言いましょうか、そんな気がしてしまいます。

 

戦後日本は復興の旗印の元、官民一体、家庭を顧みずに働きどおし、

世界的な自由貿易の煽りを受けて、奇跡的な復興を遂げ、高度経済成長、バブル崩壊と進んできなのは周知の通りかと思います。

 

少し前には生涯収入、という言葉が流行り、サラリーマンが一生で稼ぐ金額から浪人した年月や留年した年月を引いて、

それらはこれだけ損をする。などと言っておりましたが、あれは一体なんだったのでしょうか?

この世に生を受けてから、棺桶に入るまでを猛ダッシュで競争しているかのようです。

どうやらそれが合理的なようです。

 

年間自殺者3万人やら小学生のうつ病やら、50代60代の男性の孤独死やら、現代が抱える問題の起点がそこにあるように思います。

 

日本が占領された当時マッカーサーが、日本人の成人男子はアメリカ人の12歳程度の精神年齢だ。と言ったそうですが、

それも一つの尺度で測ったものかと思います。

 

日本は先進国では珍しく、原理主義を持たない多神教の国です。

このあたり、他の類似を探すと古代ギリシア、ローマが出てきます。

古代ローマ帝国に至っては、寛大と融合をスローガンに征服した土地の神を自らの宗教に加えてゆきました。

寛大とは防衛上の理由がない場合は出兵を控えていました。そしてもうひとつのスローガンである、分割して統治せよ。

の言葉通り、無理して制圧するよりも土俗の分裂した民族を統合させずに治めることで、牽制させ合い無駄な兵力を使わない。ということです。

 

どうにもその時のローマの精神というものを想像すると、神というものに対してご利益という形で求めていたように思います。

一神教の神であれば、それこそが真であり、ご利益などと失礼なことを言っていたら怒られます。

このあたり、日本に通ずるものがあるように思います。

神社でお参りし、お寺で葬式をします。神道と仏教です。

そんなふらふらしている人達を見たら12歳程度、と言われるのも納得がゆきます。

 

しかし、現世利益を求めるその姿こそが人間らしい。と感じてしまいます。

死んだあとの事など誰も知りようがありません。

それで良いじゃないか。と思うのですが、ダメなようです。

 

どうにも最近CGの記事が少ないです。すみません。

modo501、楽しみなのですがボリュームからして3万円くらいのアップグレード料金にならないでしょうか?

ピクサーのSDS技術を使っているので、顔を立てるためにもやはり5万円は堅いのでしょうか?

この調子だとひょっこり出ていそうです。

modo環境プリセット

20101022

modoの環境プリセットを作ってみました。

シーンを作っておいて、そこにオブジェクトを読み込むよりも、プリセットにしたほうが汎用性があって良いですね。

自分用に作ったので、いい加減ですが必要があれば手直しして使ってください。

3Light

以前紹介したLuxologyにあるプリセットを参考にしました。

 

ライトの前面にディフューザーを置いてみたりと試してみたのですが、ライトが弱くなるだけでたいした効果を認められなかったので

使いませんでした。

SLIKを買って勉強してみたいのですが、去年のように年末に安売りをするかもしれないのでしばらく様子を見ます。

円高も当分の間進行するようなので、うまく行けば相当安い値段で買えるのでは?と踏んでいます。

CGHUB

CGHUB

最近よくみているCGサイトの紹介です。

CGTalkなどのフォーラムは有名かと思いますが、

こちらはキャラものが多いようです。2Dもあります。

登録しないと見られない画像があったりしますが、なぜなのか良く分かりません。

 

海外の方が作られる作品のクオリティーの高さ、勉強になります。

Sculptris – 20

image712l

Unityの研究を進めたいのですが、どうにもまとまった時間が取れずについついSculptrisで遊んでいます。

試しにカラーテクスチャとバンプマップを描きました。

このツールの難点はUVを作った後にモデルに手を加えると、先のUVが削除される、ということです。

状況に応じてメッシュを増減させているので、無理も無いことかと思いますが、やはり残念です。

このあたり、P-texの技術をうまい具合に融合できないものなのでしょうか?

 

20101020

ちなみにmodoでレンダリングするとこんな感じです。

エリアライトの全面にディフーザーのような物を付けてみましたが、良いんだか悪いんだか分かりません。

もうちょっと光がボケた感じが欲しいなぁ、と感じております。

 

modo501の情報がだいぶ出ているようですが、マイナーバージョンアップという感想が多いようですね。

401の時のような大々的な紹介がないのが不安にさせます。

雑記20 – 「貧困大国アメリカ」

ちょっと衝撃的なタイトルです。

それ以上に中身が衝撃的です。

 

対比を持ち出すために現代アメリカを選びました。

内容を少し書きます。

 

現代のアメリカが抱える肥満問題は、貧困問題である、というところから始まります。

一定の所得水準に達しない人たちは政府からクーポン券がもらえるそうです。

大手ファストフードチェーンで使えるその券で無料で食事ができるそうです。

ドキュメントの映画監督が一日三食をマクドナルドで食事をする。という映画を自分の身を持って制作したそうですが、

1ヶ月でドクターストップがかかったそうです。

調理機材すら買えない人たちはそれを使うしか日々の糧を得ることができません。それは太ります。

 

そして、その貧困問題は教育と医療にあることを指摘します。

現在のアメリカの医療制度は、日本と違い国民皆保険制度ではなく、医療費がとてもかかります。

保険会社は保険の適用範囲を厳密に区切りますが、病気の原因など現代医学をもってしても完全に把握できるものでなく、

病院に対して出来る限り保険料を払わないで済むよう診断させ、それを破った病院に対して取引を停止するそうで、

病院は患者ではなく、保険会社の方を向いて診察します。

 

一度大きな病気や怪我をすると中流階級であろうと、貧困層になってしまうそうです。

そして保険料はバカ高いそうです。

 

教育は、他の証券マンの方も言いますが、サブプライムローンの次に来る大きな波になるだろう。と言われております。

学資ローンの制度が100年近くも前のものだそうで、自己破産が適用さないそうです。

普通の大学でも日本の医学部並みの授業料が必要なアメリカの大学では学資ローンは必須のものだそうです。

そして、この経済不況で大学を卒業しても、学士号を取得しても就職先はなく、マックジョブと呼ばれる、

マクドナルドでの仕事をアルバイトでするくらいしか仕事が無いそうです。

 

そこに軍のリクルーターがやってきて、甘い言葉で誘うそうです。

現地に行くことはない。という言葉に騙され、帰ってきてからPTSDになったり、無職のホームレスになる人が多いそうです。自殺者も多いそうです。

 

さらに衝撃的なのは、下巻です。

アメリカでは現在ホームレスの取締が厳しくなっているそうで、軽犯罪でもホームレスの場合刑務所に連れてゆかれるそうです。

軽犯罪とは、路上で酒類の栓を開けたり、横断歩道でないところを渡ることなどだそうです。

そして、スリーストライク法というものがあり、軽犯罪であっても3回繰り返すと自動的に終身刑になるそうです。

 

そして、現在のアメリカでは刑務所ビジネスが大盛況だそうで、

増える一方の囚人に電話のオペレータ等の仕事をさせます、ネイティブで同じ文化の人がやるので、もっともクオリティーが高く、

囚人なので最も低賃金な労働力の出来上がりです。

その仕事でヘマをすると、辛い重労働を課せられる彼らは必死で仕事に取り組みます。

刑務所での日用品もその時働いた給料で買うそうです。歯磨き粉を買うのに50時間働かなければならないそうです。

出所するときはそういった経費と裁判費用が借金として上乗せされるそうです。

 

最近日本では派遣切り、という言葉を聞かなくなりましたが、恐らくメディアが報道していないだけで対して状況は変わっていないのだと思います。

しかし、このアメリカの現状を見ると、よっぽどましであることが分かります。

 

そういえば、古代ローマ帝国をパンとサーカス、といって非難したのはキリスト教でした。

現代ではクーポン券とテレビ、でしょうか?キリスト教の国が。

 

古代ローマの小麦粉の無料配布は政治家の人気取りの政策として発展してゆきました。

初めは一定の所得以下の人に低価格配給だったのが、無料になりさらにはその範囲を広げてゆきました。

皇帝は人々にかつぎあげられて皇位につきましたが、現代のような選挙がない当時はそれを否定するには殺すしか方法がなく、

年に25人も皇帝が変わる時期もありました。

皇帝は担ぎ上げた人たちの言うことを聞くため皇位につき、実際に皇位につくとそれだけでは済まなくなり、

担ぎ上げた人たちによって殺される。と言った図式です。

 

アメリカ現大統領の献金団体の4分の3が前大統領と同じだそうで、結局政策としては対して代わり映えがないのも当然です。

 

以前紹介した、「サムシング・グレート」という本で竹内薫さんが仰ってましたが、

竹内さんのお爺さんが癌と診断され、余命半年と診断されたそうです。

古武術の達人であるお爺さんはひとりで山ごもりを始めたそうです。

半年後帰ってきて再び病院で検査を受けると、治っていると診断されたそうです。

この話の件はクローン羊のところだったかと思うのですが、クローン羊を作る際に乳腺だかの細胞を使っていたそうですが、

各細胞に含まれるDNAは全て共通していて理論上はどこの細胞でも全ての細胞を作ることが出来るのですが、実際にはスイッチがあり、

その細胞に必要ない部分はスイッチがOFFになっています。

色々試行錯誤し全てのスイッチをONにする方法を模索したそうですが、一向にならなかったそうで、最後に細胞を飢餓状態に持っていったときに

全てのスイッチがONになったそうです。

火事場の馬鹿力でしょうか?自然とは不思議なものです。

 

国が繁栄すると都市化が進み、人は驕るもののようです。おごれる人も久しからず。とは良く言ったものです。

なんだかすごい世の中だなぁ、と思ってしまいますが、恐らくいつの時代もその時代を生きる人達はそう感じてきたのではないでしょうか?

雑記19 – 「いちばん大事なこと」

日本について書く前に補足と対比を持ち出そうかと思います。

まずは補足です。

 

 

養老さんの本です。

家に転がっているのを発見しました。随分前に読んだ記憶があります。

丁度読むものが無かったので、久しぶりに読んでみました。

 

以前書いた花見酒、という小話のことが書かれておりました。

すっかり忘れていました。

どうも自分はここから取ってきたようですが、勝手な解釈も入れています。

大体言っていることは同じです。

どこかで経済学者の人が、同じ話を違う視点で解説しており、

それは違うだろう。というつもりで書いていましたが、元は養老さんでした。

 

まぁ、それはともかく、

この本では脳と体の対比、人工と自然の対比からさらに進んで、

遺伝子と細胞を対比しています。

情報とシステムです。

 

情報だけ抽出して分かった気になってもシステムの全体像が分からないのだから、分からないのと同じことだ、ということです。

分子生物学が進み、遺伝子病の原因となるものが随分解明されました。しかし治療には一向に役立ちません。

 

生まれつき免疫系に重大な障害があり、無菌室でしか生きる事ができない人がいます。

バブルボーイと呼ばれる彼らに対し、遺伝子治療を施しました。DNAの足りないものをDNAを書き換えた古典的ウィルスを使い

骨髄に注入することで体内で生産させよう、というものでした。

治療は見事に成功したかに見えたそうですが、白血病になったそうです。

少しましになった、と言った感じでしょうか?

 

そして、本の中で養老さんが言う部分は、日本の独自性とも言える部分です。

とても危険なニュアンスですが、決して日本人は優れている、と言ったたぐいのものではありません。

 

世界中でも虫の声を左脳で聞くのは日本人だけだそうです。

他の国の人達は右脳で聞くことで、その音を雑音として認識します。

どうやら同じ漢字でも複数の読み方をしているところに原因があるそうです。

そうやって使いにくい(?)、使うのが難しい言語を日常で使っている分、日本人は脳を使う範囲が広い。

これもまた、危険なものです。広いから良い、ということはありません。

そういった一義的な定義を求める、これもバカの壁だと思います。

 

世の中にはなんやら良く解らんけったいなものが沢山ある。

それに対しての西洋的、近代的な対応の仕方というものはCGで言うところのポイントライトに相当するように思います。

レイトレースのポイントライトは一点から照射され、下に落ちる影はきっぱりと落ち、見るからに不自然です。

 

日本人はそれを素直に受け入れる、あるいは諦める。という対処をしてきたのではないでしょうか?

そこがなくなりつつあることに、養老さんは危惧をいだいているのだと思います。

 

では、なぜ日本人がそうなったのか、色々と考えた人たちがいます。

その中に風土、という観点から研究した人の本を読みました。

西洋文明が育ったヨーロッパという土地は気候が安定していて、湿度も少ないので、種を蒔けば作物が育つそうです。

日本では畝を作って湿度対策をしたり、害虫対策なども必要になります。

外国の人が日本に来て驚くのは、生物の多さだそうです。虫が沢山います。

 

その過酷で豊かな自然と付き合うには、受け入れるか諦めるしかありません。

先日ニュースで読みましたが、日本の近海は世界の産みの1%程だそうですが、生物の種類は14%以上だそうです。

陸地だけかと思ったら、海も多様性を誇っています。ダントツ1位だそうです。

 

日本の気候は熱帯モンスーン気候で、太平洋から吹き付けられる湿気を大量に含んだ風が山脈に当たり、豊かな雨を降らせます。

海は海流が複雑に入り組み、そこでも生物の多様性を生み出します。

こういったシステムは局部を取り出して情報化しても、殆ど意味を成さないのだと思います。

 

どの話も中途半端になりましたが、今回はこの辺で。

nDo – ノーマルマップ作成フォトショップスクリプト

nDo

Luxologyのフォーラムで、というツールを見つけました。

 

フォトショップのアクションとスクリプトが入っております。

チュートリアルがあるので、見れば使い方は分かるかと思います。

 

しかし、どうしてもブルーマップと言いますか、ブルースケール画像といいますか、

青っぽいものしかできません。

 

ページのヘルプにその時の対処法が書いてあります。

フォトショップのプリファレンスを消せば良いそうです。

手っ取り早いのが、起動時にWindowsであれば、「Ctrl」+「Alt」+「Shift」を押しながら起動すると

ダイアログが表示され、プリファレンスを消すことができます。

 

しかし、それをしてもやはりダメでした。

Luxologyのフォーラムでも同じ症状の人がいるようですが、解決策は出ていませんでした。

きちんと使えている人もいるようなので、まだ何か問題があるようです。

 

しかし、すごいスクリプトです。

フォトショップのスクリプトでここまで対話式のものを作ることが出来るのですね。

サンプルのpsdをダウンロードするとレイヤーの構成を見ることができます。

どうも失敗しているのはレイヤースタイルの作成のようです。

スクリプトを開いてみてみましたが、何が何やら分かりませんでした。

うう、使ってみたい。

Sculptris – 19 – 諸注意

Sculptrisをいじくり倒していて、分かったことを書きます。

 

動作が重い場合は「config.txt」を書き換え、「mt_maxthreads 0」の数値を少なめに設定すると良い、と書きました。

どうも色々と試してみたのですが、結局のところ良く分かりません。

ただ、スレッドが多い場合はハイパースレッディングの数も含め、使えるスレッドの数を書いておくのが一番いいような気がします。

 

そして、体感的に処理速度の向上が分かったのは、シンメトリー化、でした。

すでにシンメトリーであるものも、一度シンメトリーを解除して、再びシンメトリー化すると不思議と処理速度が向上しました。

もっともまだ一度しか経験していないので、その他の要因であることも否めません。

 

ただ、非シンメトリーよりもシンメトリーの方が処理は早いようです。

 

そして、Sculptris独特の機能、「Reduce Brush」はブラシでなぞった箇所をリダクションしてくれる他のツールではない不思議なツールです。

使い方も不思議で、メッシュが細かいところにいきなり適用してもリダクションしてくれない場合があります。

そんな時は、メッシュの粗いところからブラシを始め、細かいところに向かって描いてあげるとリダクションできます。

 

このリダクション機能は、通常のCGツールにあるリダクション機能と若干用途が違うかと思います。

個人的な感覚なのですが、木炭紙に木炭を使いデッサンをする時は間違えた線を消すために、布ではたきました。

それでも消えなくなると、食パンをちぎってこすりました。

それを繰り返してゆくと紙に木炭が乗らなくなり、グレーの汚れが残ります。

なのでデッサンの始めのうちは画面を黒くしてゆくところから始まります。

 

Sculptrisのリダクションブラシは、そんな状態になったものを綺麗にしてくれるツール、というイメージで使っています。

筆を入れすぎ、細かくなりすぎたところをスカルプとすると汚くなります。

リダクションしてから同じことをすると綺麗にスカルプトできるようになります。

デジタルの良さでもあり、怖さでもあります。

 

そして、objで他のツールとデータをやり取りする際の注意点があります。

他のツールとの互換を考えて、独自形式ではなくobjだけで良いじゃないか。としばらくobjだけで作業していたら、

ポリゴンに関連していない1頂点ポイントが無数にできてしまいました。

modoが悪いのかSculptrisが悪いのか分かりません。

ただ、modoはobjの読み込みが異常に遅いです。

image709l

なんとも不思議な面白いツールです。

雑記18

前回、落ちのような部分を書き忘れました。

 

都市は自然物を排除することによって成り立つと同時に、

そこにある最大の自然物は自らの体である人体、ということになる、という話でした。

 

人工と自然、脳と遺伝子、という対比ですが、これは色々なものに適用して考えると納得出来る部分が多いです。

 

さらにそれをさかのぼると、文明の発祥自体がすでに都市化である、という論になります。

中国の儒教が言う、五徳やフランス革命で唱えられた、自由、平等、博愛、などはその文明に

無いものが、必要だからと、わざわざ口にだして言われたのだろう、という話だったかと思います。

 

そして、それらが無い日本という国は村社会というものがそれを補っていた、と養老さんは考えていたようです。

かなり端折りましたが、だいたいそんな感じだったかと思います。

 

現在の日本では、村社会が衰退しています。

村社会の弊害は個人が考えなくなるようになることだと思いますが、それにより救われていた個人もいることを考えると、

どちらが良いのかなどは、誰にも言うことはできないのかと思います。

 

知識人は現代を批判します。

どうやらこれは古今東西変わらないようです。

養老さんも、まぁダメだろう、というようなことを良く書いているかと思います。

司馬遼太郎さんも亡くなる間際は、このままでは日本がダメになる。と書かれておりました。

 

日本というだけでなく、現在の文明がまずいことはすでに明らかなように思います。

平均して千年に1種の生命が絶滅していたのに対し、ここ数百年では年に4万種だそうです。そのペースは間違いなくさらに加速しています。

 

アウストラロピテクスは250万年繁栄した、と言われておりますが、我々ホモ・サピエンスはまだ20万年に過ぎません。

文明は高度に発展した、といっても文字が使われるようになって、数千年です。

数年前にどこかの記事で読みましたが、その時点で、ここ数年人間が使用した情報量は、人間が文字を使い始めてからそれまでに

使用した情報量を凌駕した、と書かれておりました。

粘土板に楔文字を彫るよりも、キーボードでタイプしたほうが早いですし、スパムメール等の人間が作ったというのも微妙なものが

その中に含まれるのだと思います。

 

自然に属する遺伝子は、交配によって二つのものが一つになる道を選びました。

それにより、乱雑さが増大し、カオスを生みます。どうやら自然というものは乱雑であり、尚且つ安定である。という定理が成り立つように思います。

それに対して、統御を求める人間の脳は、幾何学的であり、原理的であるように思います。

それらが合わさったものが現代の情報量のように思えます。

 

何を書いているのか分からなくなりましたが、次回は日本という国について勝手に書いてみようかと思います。

modo501 – NeoAxis

modo501の情報が徐々に出てきているようです。

随分前にピクサーとSDSの技術提供の話がありましたが、今回それが搭載されるそうです。

ここ二三ヶ月には出るそうです。とても楽しみです。

 

出来れば足回りの強化といいますか、

GLビューでのテクスチャのブレンドモードを再現して欲しいです。

 

そういえば、ゲームCGでは映像と違い、データが納品物なり最終形態となります。

映像ではデータはあくまでも素材で、その上にコンポジットを重ね、最終形態になるかと思います。

それで言うと、ゲームではフォトショップのレイヤースタイルというものは映像で言うところのシェーダに匹敵するのではないかと思います。

数体のモデルであれば、手描きで問題ないかと思いますが、同じテイストで数百体、もしくは数千体ともなると、

やはりレイヤースタイルが必要になります。

しかし、フォトショップのレイヤースタイルは貧弱です。

数値に制限があったり、パーセンテージに小数点が使えなかったりします。

 

レイヤーでデータを持つことは扱い易くもあり、その点は良いかと思うのですが、そのレイヤーにノードを接続して

他のレイヤーと関連付け出来たり、値と関連付け出来るようになると楽しくなると思います。

いっそうのことmodoでそれを出来るようにならないかなぁ、などと勝手に夢を膨らませてしまいます。

 

SDSで形状の重み付けが出来るアダプティブサブディビジョン、というのはどうでしょうか?

なおかつPtexとか。

アニメーションの機能は期待していないので、そのあたりの機能とヘアーを使えるものとして作って欲しいです。

できればGPUレンダラーも、妄想は止まりません。

 

話は変わりますが、Sculptris、コアが沢山あるマシンでは、configを書き換えて制限を付けたほうが良いようですね。

ハイパースレッディングを抜かした数にするのが今のところ一番良いように感じます。

20101006

しわ等はノーマルとして描いたほうが良いのだと思いますが、モデルです。

 

さらに話は変わりますが、NeoAxisというゲームエンジンもあるそうです。

ブラウザをターゲットにしたものだそうです。

Unityよりもゲームツクールっぽい感じがします。勝手な憶測ですが。

商用以外はフリーで使って良いそうです。

ここに来て突然ゲーム制作の敷居が低くなってきました。

今後の動向が楽しみです。

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です