雑記51 – 「べてるの家「非」援助論」

 

べてるの家という精神障害を患った方々が作った会社の話です。

アルコール依存症、精神分裂症、うつ病、と後天的な障害のようです。

 

安心してサボれる会社、利益のないところを大切に、をモットーにしているそうで、この本が書かれたときには年商1億円だそうですが、今はどうか知りません。

朝出社して、ようやくその日に誰が来るか分かる、何かあったらすぐミーティング、とにかくミーティングに時間をかける。

と通常の会社では全くマイナス面として捉えられる事を当たり前にしてうまくいっているそうです。

 

会社のピンチに発作や病気が原因で、更なるピンチを迎えますが、それが逆にいい結果を生むようで、周りの人達の助けを借りピンチを切り抜けたそうです。

社会復帰という抽象的でよく分からない事を目的にするのでなく、お金儲けと地域活性化という目的を持って経営しているそうです。

 

現代の医療では、精神障害に対し薬で閉じ込める、コミュニケーション能力を高める。という手立てが取られますが、ここでは病気と共存することを目的そします。

薬では一時的に抑えられても何かのはずみでより大きくなって出てくることが多いようで、弊害となります。

病気であることを認め、生き方の方向性を右肩上がりではなく、右肩下がりを目指して生きてゆく。と、何とも頼もしいものです。

 

始めてここに来る人達は、仕事を一生懸命しようとし、頑張ってしまうようです。

元々そういった精神障害になってしまう人というのは真面目な人が多く、自責の念を常に持っています。

周りから注意され、自分でもそれを抑えようと頑張るけども、中々そうも行かない、その葛藤の日々で発症してしまいます。

そして、頑張って仕事を一人でこなしても、周りは平気でサボったり大して仕事をしていない現状を見て、自分への怒りがやがて周りへの怒りへと変わり、

人によって程度の差こそあれ、やがて爆発します。どうも、ここではそうなってからが始まりのようです。

 

とにかく深く話しあうことでお互いに妥協できる点を見つけ出し、ひとりで出来る仕事を二人、三人で出来るようにすると効率的になる。

普通と逆の考え方です。

人の善意を信頼する。という言葉がありました。それは、人に対して大幅な信頼を寄せると、相手も人なので時と場合によってはそれに答えられなくなる。

しかし、人間は誰でも自分の環境を良くしたい、少なくとも悪くしたいと働きかける人はいない。という最低限の事を信じていれば解決方法は必ず見つかる。

 

今の社会では全く無視されてしまう部分で、人間というものが進化の過程で得たコミュニケーション能力、ということを考えさせられます。

哺乳類において、人間のように広い大域を使って発声する種はいません。近いところを探せば鳥類になります。

咽頭の構造が全く違いますが、進化の過程でたまたま発達したものを違う用途で使うことでそれが発展したいったようです。

人間は狩猟を行うために発生を進化させた、と昔は言われておりましたが、人間が主な捕食者となったのは10万年前、と比較的最近です。

それまではどちらかというと被食者だったようです。

ヨーロッパ大陸では現代でも狼は人を襲うそうです。童話や昔話に良く登場します。しかし1万5千年前に人類が足を踏み入れたアメリカ大陸の狼にとって、

人間は被食者ではなく、天敵として認識されているようで、人を襲うことは滅多にありません。

 

ちょっと話がずれました。

ずれたついでに、もう一つ。本の中で面白い言葉がありました。

問題を見つけようと物事を見れば、そこからさらなる問題が出てきて何時まで経ってもキリがない。というものでした。

恐らくそれと同じく、希望を持ってみれば同じなのだと思います。

また非線形科学の話になりますが、フラクタルの一種でコッホ雪片というものがあります。ウィキペディアのページをリンクしましたが、その下の方にある図です。

これは一つの正三角形を元に、それと同じ形を組み合わせて作ります。

無限に繰り返し、図を細密にしてゆくことが可能ですが、どれだけ繰り返しても初めの正三角形の各頂点を結んで作られる円の面積を超えることはありません。

当たり前のようですが、これは有限の面積の中に無限の線が引かれる。ということを意味しています。

もっとも物理的な時間と空間の許す限り。という限定条件によります。ゼノンの逆理を思い出します。

人間の頭で考えること、それの模写で作られたコンピュータで行われること、が成せる技かと思います。

 

物事を分断しようと思えば、際限なく出来る。ということを意味しているのではないでしょうか?

思えば類人猿の化石を発掘するのは、宝くじに当たるよりも確率は低いそうで、見つけた人は喜んで新たな種として命名します。

人によって個性があります。上腕大動脈が無くても生きている人もいます。別の種とするのか同じ種とするのか、何を基準に同判断しましょうか。

という問題が出てきます。

人によって細かい構造は異なるが、大体の構造は同じように作られている。微分積分の話でしょうか?

 

なんだか随分と違う話になりました。

どうも人間の脳みその性質として、この世の中を正比例で考えようと、単純にして考えようとする方向性があるのだと思います。

その考えに対して注意をうながすために昔の人はわざわざ、この世のことは定常ではない。諸行無常と言ったのだろうなぁ、と思ってしまいます。

Sculptris – 21

image818l

人に頼まれてモデルを作ることになったのでラフのつもりで作ってみました。

パチもんです。

うーん、方向性が全然違うので、ボツですが、これはこれでやってみようかなぁ、などと思っております。

 

久しぶりにSculptrisを触りましたが、ZBrushと操作性が違うので初めは戸惑いました。

慣れると自分としてはこちらの方がしっくり来ます。

少し前にアルファテスターを募集していたそうですが、今はどうなったのでしょうか?

どう行った方向に進化してゆくのか楽しみです。

3Dcoatにも似た様な機能が搭載されるとかで、それもどうなるのか楽しみです。安いうちに買っておけば良かった、、

 

ZBrushのスカルプトに慣れてしまうとmodoのスカルプトは取って付けた観が否めませんね、、

もう一歩踏み込んでもらいたかったなぁ。

 

キャラはポリゴンでちまちまと作り直そう。

雑記50 – 「グローバル恐慌」

ニュースの解説などで良くお見受けする方です。

テレビでは厳しい口調が多く、ご意見も少し偏っているように感じておりました。

 

この本は良い意味で期待通りで、良い意味で期待を裏切ってくれました。

口調が厳しく、特定のものの見方をする。ということは物事を端的に説明する。ということでもあるかと思います。

CDSやレバレッジなどの仕組みや専門用語をとても分かりやすく解説されております。

そして、テレビで見るほどの口調の厳しさはなく、表立ってはいませんがやさしさを感じることが出来ます。

それでも巻末に至るにあたり、大分やるせなさや憤りが噴出し、だんだんと厳しいものに変わってゆきます。

 

もののたとえは秀逸で分かりやすく、サブプライムローン証券化問題をつけで飲む飲み屋の請求書と福袋という形で表現されております。

以前自分も書いたことですが、サブプライムローン問題とそれの証券化の問題は違う。という指摘がありました。

なるほど確かにそのとおりです。

しかし、右肩上がりが当たり前、信用を金額に換算する。という観点から見ると同じになります。

 

そして、モノとカネが決別したのはニクソンショック以降、アメリカを中心とした世界が金本位制から抜け出た時期と同じであることを指摘します。

これを養老孟司さんは頭と体が別れた、と表現していました。

形而下の束縛を離れた形而上のものは雪だるま式にその大きさを増して行きます。

さらにカネは信用という、これも形而上のものと結合し更なる発展をしてゆきました。

信用という人間の持つ、人間的であり一般的に良い物とされるものでも、大きくなりすぎると依存となり負の力を持ちうる物へと変化してゆきます。

僅かな疑心を元に大きく崩れるそれにより、恐慌というものが引き起こされる。と言い換えても良いかと思います。

 

タイトルにも使われておりますが、恐慌という言葉にも触れられております。

辞書では、恐れ慌てる。だそうです。まさに言い得て妙です。

それは自然の猛威を目の当たりにした、人間の単純な行動であるように思えます。

 

形而上であったカネと信用が、あたかも形而下での自然の猛威のように人間に襲いかかる。

勝手なこじつけかも知れませんが、自然と決別し形而上の美しさを追い求めて行き着いた先にカオスを見つけた非線形科学とかぶります。

どうも人間自身が自然のもので、その自然由来の脳みそを使って考えていると必然的に自然を凝視することになる。というのもありかと思います。

 

そしてそこには、先のことは分からない。というキーワードが隠れています。

例えば、棒の両端から力を加えるとその棒はたわみます。古典力学ではその棒の曲がり具合を計算で求めることが出来るかと思います。

しかし、その棒がどちらに曲がるか、これは分かりません。大変なことが起こるが、どのように大変なのかは分からない。そんな感じでしょうか。

 

「良きにつけ悪しきにつけ、最終的に物事を決めることは理念である。」すみません、正確ではありませんがそんな言葉が紹介されていました。

これはユリウス・カエサルの言葉「どんなに悪い制度であっても、それを作った時は良かれという想いからだ。」これも正確ではありませんが、

その言葉と重ねて考えると面白いかと思います。

小手先の制度改革で変更できることなどたかが知れており、大きく振幅しているように見えるグラフも離して目を細めてみれば直線にも見えます。もっと離せば点に見えますが。

それを考えると人に一番重要なことは教育と環境ではないかと思います。

そう考えると、それらが最も蔑ろにされている現代はダメなんだろうなぁ。などと思ってしまいます。

 

話は関係ありませんが、原発事故を見ていて思ったことがあります。

どうも自分は知らない間に自然は良いもので、人工は悪いものだ。という一元的な考えに寄ってしまっていたのだと気が付きました。

どうも問題の本質はそこではなく、人工の物を使うと手入れが必要になる。という部分ではないかと思います。

そして、その人工物があまりにも巨大になりすぎると手入れも大変だ。という事です。

司馬遼太郎さんがどこかで書いていましたが、攻撃力よりも防御力が秀でている時代の戦争は比較的平和的だが、攻撃力が防御力を上回る時代においては悲惨な結果になる。

というような内容でした。

 

完全自然回帰、など現代に生きる我々にはほぼ不可能に近い話だと思います。だからといって何でもスイッチひとつで片付ける。というのも極端な話です。

そこそこの人たちがそこそこ納得出来る、そこそこの妥協案。という何とも中途半端で頼りない物を考える。そんな時代なのかとも思えます。

 

人類の歴史は振り子のように揺れ動いているのでしょうか?それならば散逸系力学により収束し、停止します。

どうもその振り子は過去から比べて振り幅が大きくなっているようにも見えます。

アトラクターを見つけカオスになるのでしょうか。だからエントロピーは増え続けるのか?などと考えてしまいます。

どっちにしてもよく分からないから、まぁいいや。

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です