雑記99 – 「進化し過ぎた脳」


思えば、雑記も99回です。
今から思い起こすと、とてつもなく恥ずかしいことを書いてきたように思います。
まぁ、それはさておき、またまた本の紹介です。

 

前回の本、「街場のアメリカ論」と幾つか共通点があります。
元々講義であったものを書籍化した、ということと、複雑系。
そして、どちらも少し古い。

 

こちらのほうが加筆が少ないせいか、ライブ感に溢れます。
中高生に大して講義を行う。ということで、内容が稚拙か、と言えば全くそんなことはありません。
因みに著者は糸井重里さんと「海馬」を書かれた方です。

 

特に興味深かったのは、3つのニューロンが情報を記憶して行く様を、行列式でシミュレートしている部分でした。
なるほど、確かにこれなら記憶されてゆく。びっくりしました。
もっとも実際にそうであるかは、確定しているわけではありません。

 

そして、個人的にプログラムを学んで分かったこと、
世の中がオブジェクティブにできているかわ知らないが、少なくとも人間の脳は物事をオブジェクティブに捉える。
抽象化であり、クラスタリングである。だから線引で問題が発生する。
境界線で問題が起こるのも無理は無い。問題は対象物にあるか、観測者にあるか。

 

以前どこかで読んだ話ですが、口臭の匂いをガールフレンドに指摘されたアメリカ人の男性がいたそうです。
それ以降彼はそれを気にするようになり、様々な療法を試みたそうですが、当然のようにしばらくすれば元に戻る。
やがてノイローゼになり、銃口を口に咥えて自殺されたそうです。
この場合、問題となるものも、問題を感じるものも当人なので、そのどちらもがなくなれば問題はなくなる。
しかし、残された人には大きな問題が残る。
現代社会に住む成人の人間であれば、大抵のことは制御可能である。と錯覚を起こす。
そうでないものは努力が足りない。と傲慢になってしまう傾向がある。
恐らく歳を重ねて行き、体の自由が効かなくなる頃に理解ができるのだろう。
子供がいるとよく分かる。自然は制御できない。
恐らく近年増えているとされる、幼児虐待もそんな過信から生じているのだと思う。
より自然に近い、老人と子供が排除されてゆく。

 

頑張ればなんとかなる。一見いい言葉のように思えるが、実は副作用が大きい。
うまく行かない場合、自分か他人を責めてしまう。
そもそも物事に因果関係はない。そう考えれば何も思い悩む事もなく、うまく行った時には感謝ができる。

 

なんだか随分脱線しましたが、脳について色々と考えさせられる。とても良い本でした。

Mudbox2013 その7

2012_11_23Image_01
スカルプトの感覚を比較するため、再びMudboxに挑戦です。

 

うーん、楽しくない、、
やっぱりZBrushでスカルプトするのが一番楽しい。
そろそろ買ってしまおうか、とPixologicのサイトを覗くと、日本の代理店を通して買ってくれ、
という事が書かれている。
なぜだろうか?
インターフェイスが和訳されているわけでもないのに、高いお金を払って買うのは嫌だ。
困った。

 

そういえば、新たなグラフィックカードでCUDA版の3Dcoatを使うととても遅くなる。
kojiさんに教えていただいたところ、
3Dcoatはそれなりにマシンスペックを要求する、ということでした。
サイトを拝見させていただき、気が付きましたが、ハードディスクが壊れて環境を変えてからCUDAを入れた記憶が無い。
早速最新版をインストールし、スカルプトをしてみると、断然早い。

 

どうしようかなぁ、、まぁ、そのうち決めよう。

雑記98 – 「街場のアメリカ論」

久しぶりの雑記です。で、久しぶりの本の紹介です。

 

ここに載せる本はいつかちゃんと買いたい。と思う本を載せております。
なので、まだ買ってはいません。借りて読んでいます。
本当はもっと載せたい本があるのですが、どの本だか忘れたものが多いです、、

 

アメリカ大統領選挙前後、アメリカのことを知ろう。と、いくつか本を読みました。
大抵の本は勉強にはなるが、本としてはあまり面白くなかった。
しかし、この本は抜群に面白いです。
著者は仏文学者で、素人目線で好きなことを書く。というスタイルで書かれております。
元々講義の内容だったようで、それを原型が留めないくらい加筆して出版に至ったそうです。
なので、初めの方は特に講義ならではのライブ感があり、グイグイ引きこまれます。

 

序盤では、建国からの経緯を生物学者が対象物を観察するかのように説明が行われ、
中盤では解剖学者が臓器の構造を説明するかのごとく、現代のアメリカを説明してゆきます。
特に個人的に興味深かったのは、アメリカを始めその文化の源であるヨーロッパ文明の子育てに対する考え方です。
基本的にそれらの文明では、子供は邪悪なもの、不要のものとして扱われてきました。
その邪悪さを正すために、躾をし、教育を施す。
これを頭と体、人口と自然、と置き換えると面白い。

 

人は自然を思うように操りたいがために、文明を発展させ理知的になってゆく。
生物学で言うところの表現型である、我々個人が合理的に考えるならば、そもそも子供など必要ない。
合理的、経済的、環境的なことを全て考慮するのであれば、そもそも生まれなければいいし、死んでしまえばいい。
要するに人間の存在そのものが不合理にできている。だから子供を排除しようとする。
そして、その流れがアメリカにおいてシリアルキラー(連続殺人)へとつながってゆく。という説明は面白い。
ただ、日本もそうなりつつあるのだろう。と考えると、少し切なくもなる。

 

しかし、面白いことに、本のはじめに書かれている、原因の説明というものは本質的に不可能である。
そして、この本で書かれていることにも当てはまる。と、但し書きまでついております。
学者として立派な態度だと思います。

 

更には、日本におけるアメリカの影響。
現在日本では様々な政党が様々な政策を打ち出し、良く分からない状況になっているかと思います。
これを読んで分かるのは、日本の右と左の対称軸はアメリカになっている。ということが明確になります。
その部分を話さず、瑣末な部分だけで解決しようとしても恐らく解決できない。
将来が見えない社会。
そもそも将来が見えた試しがない。見えていたのは気のせいか思い込みだろう。
非線形現象の中にある、少しの線形部分を拡大しただけに過ぎない。
モラルが崩壊しているのではなく、価値観が多様化している。なにせネットワークは指数関数的に広がっている。

 

内容的には少し古い本ですが、著者が目指している通り、20年30年は持つ文章だと思います。
そしてアメリカの滅亡まで言及されている。
そのあたりは、まぁ、そんなこともあるかもね。という感じで読まれると良いかと思います。

3Dcoat勉強中 その2

2012_11_17Image_01
再び3Dcoatのスカルプトを勉強中です。

 

どうやら「ラピッド2」というブラシが具合が良いようです。
ZBrushのClay系のブラシにちょっと動作が似ています。
素早く描くことができます。

 

で、問題なのは画像にある通り、突然モデルに穴があきます。
ベータバージョンだからだろうか?
これは困った、、

 

家にZBrushがなくなってしまったので、職場でZBrushと3Dcoatの比較を色々と行っておりました。
結論から言うと、ZBrushの方がスカルプトがしやすいです。
やはり動作の速度が一番の違いかと思います。後はブラシの充実です。
ただ、メッシュの伸びを全く気にせずスカルプトできるのはありがたい。
その影響もあるのか、3Dcoatでは形が崩れやすいようにも思います。
ZBrushに比べると水分量が多い。感覚的にそんな印象を受けます。

modoでスカルプト

2012_11_09Image_01
紆余曲折ありました。

 

ペイントの練習がしたく、modoを立ち上げ久々にポリゴンでキャラでもモデリングするか。
と、何もない空白の空間を見て、嫌気が差してしまいました。
で、3Dcoatでスカルプトに挑戦していたのですが、ブラシが中々手に付かない。

 

よくよく考えてみれば、modoにもスカルプト機能がある。
ということを今更ながらに思い出し、やってみた次第です。

 

これ以上解像度を上げるととてもスカルプト出来ません、、
たった10万ポリゴンです、、グラフィックカードを新調したのでもっと行けるかと思ったのですが、残念です。
しかし、意外なことを発見しました。
プリセットである「clay03」というブラシ、良い感じです。
このモデルはブラシをテストするつもりで始めたのですが、意外と良い感じだったのでしばらく進めてみました。
それ以外のブラシはほとんど使っておりません。
moveの機能はブラシでなくmodoの機能を使えばいいや、と思っていたのですが、とても使い物になりませんでした。
と、書いている時に思い出したのですが、「移動」ブラシがあった。
早速使ってみましたが、驚くほどに高速だ。これはいい。

 

うーん、openGLに特化したボードであればもっと高速なのだろうか。
やっぱりZBrush買わないとなぁ、、

3Dcoat 勉強中

2012_11_01Image_01
相変わらず3Dcoatの勉強中です。
中々ブラシに慣れない、、
ymt3dさんに教えてもらい、LiveClayを試しております。
Scruptrisのようなダイナミックサブディビジョンです。
編集>環境設定の一番上、「ShowBetaTools」にチェックを入れると使えるようになります。

 

Sculptrisといえば、複雑系のネットワーク理論を勉強している時に、
BAモデルというものを知りました。
これの応用がScliptrisではないか?とその時思ったのですが、どうなのでしょうか?
ネットワークという、機能的な構造体が形状として現れる。
ということに勝手に感心しておりました。

 

で、ブラシに慣れるのに時間がかかっている。ということもあるのですが、
パソコンが壊れました。
3Dcoatでレンダリングしていると、突然OSごと落ちました。
再起動すると、640×480で起動され、画面もノイズが残っている、、

 

グラフィックカードが壊れたようです。認識していませんでした。
結局5千円程度のグラフィックカードに変えました。
へっぽこなカードでCUDAなどを調子に乗って使っていたのがいけなかったのでしょうか?
恐るべし3Dcoat。

 

うーん、テクスチャのペイントを練習しようと思っていたのに、また違う方向に行っている、、

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です