ZBrushベーシック


ついに、というかようやく買いました。

 

他の方が書かれている通りに、とても丁寧に解説されてあります。
アマゾンだとちょっと安く買える。ZBrushを使う人には必須のアイテムだろう。
ただ、動画だと、後から解説されているところを探すのが大変だ。
そんな時は、

こちら。

 

他にも幾つかZBrushの本を買いましたが、機能が満遍なく解説されている。
本なので、パラパラとめくれば、探すのも簡単。
どちらもおすすめ。

ZBrush – サブツールパレット

うわぁ、随分と更新していなかった。
ZBrushでハードサーフェイスモデリングをしよう、と思い随分前にこんなものを作っていました。
2013_08_21Image_01
で、modoとの連携で、
2013_08_21Image_02
こんな感じ。

 

方法論を色々とこねくり回しているうちにズルズルと制作が伸びました。
本当に奇っ怪なツールだ。
ポアンカレ予想の一つを解いたロシア人が、位相幾何学だけでなく、ユーグリッド幾何学をも駆使して問題を解いた。
ということが、恐らく的はずれながらも何となく分かるような気がする。
どちらも使って問題を解いてゆこうとする辺り、ZBrushでの制作に似ている。
今までのCGの知識が邪魔になることもあるが、手助けになることもある。
一層のこと、今からCGを始めるのであれば、ZBrushから入ったほうが良いのでだろうか?
まぁ、人それぞれなので知ったことではない。

 

さて、本題。
サブツールが増えてくると、ブラシパレットがホットキーの「b」で表示されるように、ホットキーは存在するのだろうか?
と疑問に思い、調べてみました。
すると、こんなページを発見しました。ZBrushホットキー一覧
これによると、「n」キーでパレットが表示されるようです。ちょっと便利。

 

最近は「ClayBuildup」ブラシがお気に入りです。Tubesよりも微妙な調整が効く。
その分細かい形に目が行きがちになってしまう。これは作り手側の問題だ。

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です