Substance – ひび割れ

Image_2017_11_03_23_45_47_0000
他人の褌を使わせてもらって遊んでいると、こんなのができました。
何だかんだとプロシージャルのひび割れって機械的で微妙なのが多いです。
最適解、とまではゆかなくても、あとは調整次第でかなり応用の効きそうなものが出来たかと思います。

 

2017.2からでしたっけ、Flood関連のノード群が加わり、タイル系のテクスチャが相当作りやすくなった。
と思いきや、結構気を使わないと機械的なノイズが入ってしまい中々実用は難しい感じです。
境界をしっかりと取れれば良いのですが。

 

そこに費やすコストとクオリティーを考えるとHoudiniという選択もありですが、
導入コストがねぇ、、となりますね。

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です