3Dcoat リトポロジー

image955l
Mudboxに持っていったモデルと同じ物を3Dcoatに持ってゆきました。
ボクセル化しないでリトポしたほうが良いそうですが、バージョンの問題なのか、うまくいく時といかない時があったので、
ボクセルでインポートしました。
そして、画像にあるようにX軸で対称化をして、ある程度のラインを引いて、リトポします。
Mudboxもobjの読み込みが早かったのですが、3Dcoatも早いです。
Mayaやmodoが遅すぎるのでしょうか?良く分かりません。
ラインの引き方はいい加減で、ここにこんな感じでセグメントが入ってくれると良いかなぁ、などと思いながら、
後は適当にやっちゃってください。と投げっぱなしです。
image956l
で、出来たのがこれです。
素晴らしい。十分です。今まで手作業でポチポチやっていたのが悲しくなるくらいです。
それをZBrushに持ってゆきました。
元のモデルをロードして、「PolyMesh3D」をアクティブにしてインポートです。
そして、元のモデルにサブツールとしてアペンドしました。
image957l
わぉ、ずれています。
エクスポートする時に、値をリセットしたのがいけないのでしょうか?これも良く分かりません。
とりあえず、調整します。
image958l
「Transform」から「S.Povot」で上下を合わせ、
image958l
TransPoseで前後を合わせます。
image959l
「Deformetion」の「Size」で大きさを合わせます。
image960l
「ProjectAll」を掛けてフィットさせてゆきます。
image961l
とりあえず、5くらいまでサブディビジョンレベルを上げてみました。
image963l
こんな感じです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です