modoで建築11 - Autodesk – Design Visualization

まずはページの紹介です。

Autodesk – Design Visualization

こんなページを見つけました。

この中の「コラムデザインビズ」という項目がありますが、とても勉強になります。

リニアワークフロー、というものをいまいち理解していませんでしたが、

大分理解できました。

 

モニタのガンマが2.2なのは、

テレビができた当時、テレビのモニタ側でガンマ調整させるとコストがかかり、

普及しないと判断したため制作時に補正する事にした。

とか、マックが1.8なのは当時のレーザーライターに関連している、とか。

関係ないのですが、こういったことが分かると、個人的には理解が進みます。

 

ディフューズの物理的に正しい値、などについても書かれております。

このページではないのですが、人の肌のディフューズ量について知る機会がありました。

西欧の白色人種で平均40%、日本人の平均は18%だそうです。

思ったよりもかなり低いです。

 

リアルタイムCGではそういった値は殆ど無意味で、

実機に出力されたもので判断する。という力技がほとんどの会社でとられている手法だと思います。

 

うーん、また人の肌の追求をしなければ。

 

昨日レンダリングしたものを20時間ぶりくらいに見てみましたが、

まだ終わっていませんでした。

何かパラメータ、いじっただろうか?草かなぁ。

 

広告を復活させました。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です