4角ポリゴンの流れ - その1 - spinquad

突然ですが、四画ポリゴンの流れ、というものを考えてみたいと思います。

ポリゴンの流れというものは、例えば格子状のメッシュを編集し途中で縦の流れを横に、横の流れを縦にしたりする事です。

 

今までモデリングの仕事をしてきて人間などでは特に注意して作るのですが、

ゲームの背景となるとそれほど細かく注意をしなくても問題ありません。

全く無いわけではないのですが、ポリゴン数が少ないため大抵そのまま作っていればできてしまいます。

 

工業系のモデルはプリレンダリングして見せるため、メッシュを細かくする必要があります。

もしくはサブディビジョンサーフェイス、ナーブスなどを使用します。

ナーブスは使ったことが無いので良く分かりませんが、細かいメッシュやサブディビジョンは流れが非常に重要になります。

 

ポリゴンモデリングをはじめたときから、この流れに付いてを色々と試行錯誤しておりました。

中々答えは見つかりません。チュートリアルの動画などを見ると結構力技でやっているものが多いので、

恐らくそれで良いのだと思います。

ただ、少し釈然としない思いがあります。

CGという形而上のものを対象にしているのでそうなるのだと思います。

普遍性、という高尚なものをつい求めてみたくなってしまうのだと思います。

そんなものは無い。と分かっていながらも。

 

たぶん一回では終わらないと思ったので「その1」としてみました。

 

image484l

とりあえず画像を乗っけます。

ABCD四つの方法を作ってみました。

もっとも簡単なのはAで、modoではエッジを選択し「v」を押せばできます。

これはLightWaveのときからある機能です。modoでは3角ポリゴンでもできますが。

spinquadといいます。

ちなみにこんなサイトもあります。Welcome to SpinQuad

随分昔からあるサイトです。LightWaveがメインのサイトだと思います。

勝手な解釈ですが、この機能に感動した人たちが作ったのではないかと勝手に思っております。

当時はそれくらい衝撃的な事でした。

ポリゴン数も変えずにワンキーだけで流れが変えられる。

まさに魔法の杖です。

しかし、画像を見て分かるかと思いますが、ポリゴンの面積比がだいぶ変わります。

image486l

ループ選択すると分かりやすいです。

これを解決するべく他の方法を考えてみました。

それ以外の3つがそれです。しかしまだ釈然としておりません。

何となくBが一番良いように思うのですが、どうなのでしょうか?

作り方は次回に回させてもらいます。

 

ちなみにmodoがsp2にアップデートされておりました。バグフィックスだけのようなので

具体的にどこが変わったのかは自分は分かりません。

早くリアルタイムビューでブレンドが反映されるようになってくれないものでしょうか。

それが一番ストレスです。

 

では今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です