カメラトラッカー

今日はツールの紹介です。

ツール自体はずいぶん昔から存在しています。

digilab homepageというページにあります。

 

左側のdownloadからダウンロードページに行けます。

カメラトラック、マッチムーブなどと言われますが、要するに動画素材と

3D素材を合成させるものです。

 

動画素材を解析し、3Dで扱えるポイントに変換してくれます。

動画から、カメラの画角などの情報も取ってくれます。

カメラの動きも考慮してくれます。

そのツールで出来たものと自分が作った素材をツール上で掛け合わせると

動画に自分が作った3Dを配置することが可能になります。

 

フリーであるのだから驚かされます。

 

偶然なのか分かりませんが、以前このツールを発見した直後くらいに

テレビでよくマッチムーブを見かけるようになりました。

このツールを使っているとは思えませんが、恐らく他のツールの価格も安くなったのだと思います。

 

以前Lightwaveで試しましたが、きちんとできました。

びっくりしました。

modoでは対応していないので使うことが出来ません。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です