Discrete Element Textures(ImageSynth 3D?) – NOX(フリーのレンダラー)

例によりLuxologyのフォーラムで知りました。

ImageSynthの3D版か?といった感じで、書かれているようです。何なんでしょうかこれは?シーグラフの論文が元になっているそうですが、良く分かりません。
どういった操作で行われているのか分からないので、何とも言い難いですが、簡単な操作だけで出来ているとしたら凄いことです。職を失いそうです。

 

そして、NOXというフリーのレンダラーも話題に上がっています。
3D人さんのところでも紹介されております。チュートリアルを見る限りでは、凄そうです。
SSSやディスプレイスメントマップ、ノーマルマップには対応していないそうです。ちょっと残念。

 

image833l
色々と作りかけのがたくさんありますが、またまた違うものにとりかかってしまいました。我ながらヒドイ話だ。
過去のデータから流用しようと開いてみたら、あまりの酷さにびっくりしました。かといって今のが良いかといったら、それもどうかと思います。
まぁ、それが分かっただけ進化したのだろう。と自分に言い聞かせます。相変わらずノロマな進化だ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です