Sculptris

Luxologyのフォーラムでも話題になっておりましたが、

Sculptrisという現在アルファでフリーダウンロード可能のスカルプとツールがあるそうです。

 

ダウンロードするとzipファイルで、解凍するだけでインストールはされません。

そのまま起動できます。素晴らしい。

 

どちらかというと3Dcoatのようなボクセルタイプなのでしょうか?

Detailを高めてスカルプトするとメッシュが割られながらスカルプとされているのが分かります。

なので、ZBrushのようにSDSレベルを行き来することは出来なさそうです。

 

アルファ版ということもあるのでしょうが、タブレットを使う、というよりはマウスでデバッグしている。

といった印象を受けます。

 

image591l

objが読み込めるので、試してみました。

表示がおかしいです。

 

注視点の移動が出来ないようで、ワールドの中心が注視点になっています。

ちょっと操作がしにくいです。

 

シンメトリー機能も動作しました。今後が楽しみです。

 

そういえば、前回の記事でアンチエリアシング、と書きたかった部分が、アンチエイジング、となっておりました。

訂正しました。

変換機能に頼っているとそいういうことが起きます。

 

では、この辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です