Unity3D – 2 – Toolbag – Cryengine

image654l

ちょっと躓きました。

微妙に分からないことが出てきます。

一応形にはなっているのですが、本来の物とは違うのかも知れません。

チュートリアル、ちょっと分かりづらいところもあります。

しかし、訳していただかなければ、ここまでも進めないことを考えると、感謝の限りです。

 

ゲームライブラリを触ったことがないとさらに難しいかも知れません。

 

キャラの影は俗に言う、丸影、という物を良く使っておりました。

最近ではハードのスペックも上がり、セルフシャドウすらも出来る時代です。

このチュートリアルで使う影も丸影なのですが、自分の知っているものとは別物でした。

キャラクタの足元に水平にポリゴンを生成し、ボケた黒い丸を置くのが自分の知っているものでしたが、

ここではマイナスのライトをキャラクタの上に配置する、と言った感じのものです。

 

地面に高低差があっても大丈夫です。

それを知ってびっくりしました。

同じ丸影でも色々あるのねぇ、と言った感じです。

 

近々出る、Unity3ではパーティクルエミッターの回転(これはむしろできなかったことが驚きですが)、

ライトマップの生成、その他もろもろすごいことができるそうです。

ライトマップはCGツールで作ったほうが調整もしやすく、便利であるように思うのですが、どうなのでしょうか?

 

ビューアとしては、Toolbagという強力なものには及びません。

リアルタイムのビューアなのにイメージベースドライティングに対応いています。すごいです。

 

しかし、総合のゲームエンジンとしては今のところ最強なのではないでしょうか?

psp、ps3、xbox、wii、pcブラウザ、iPhoneに対応しながら、ここまでの表現が出来き、

なおかつ一番高くても30万円、位だそうです。

アンリアルエンジンであれば、数千万円なのでしょうか?

 

その他、表現力という部分では、Cryengineというものがあります。

こちらも個人では手が届かないシロモノだと思います。

お試し版を触ったことがありますが、地面に描かれた道路がベジェで表現されており、

それをいじると、地面の凹凸に沿って、ベジェが動き、そのベジェに合わせて道路が曲がります。

今までの苦労はなんだったのだろう?と呆然とさせられる瞬間ですが、新時代の到来です。

 

早く自分で作りたい。

大分先の話のようです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です