Unreal Development Kit

突然ですが、ツールの紹介です。

 

ゲーム開発では有名なエンジンが無料で使えるようになったようです。

ただ非商用に限るそうです。

Unreal Development Kit

このエンジンは大手で開発力の無いチームが使っている印象があります。

要するに、他のチームで使っているエンジンを使わせてもらえず、それなりにお金を持っているところ、ということです。

 

昔このエンジンを使った開発に少し関わりましたが、

コリジョンの仕様がなんともおかしかったのを記憶しております。

 

ライセンスページを見ると99ドルから、と書いてあるようですが

昔は数百万だか数千万だかのライセンス料が必要だったような気がします。

 

Max、Maya、XSIとエクスポータも揃っております。

色々と遊べそうな気がします。

 

少しいじってみましたが、ライティングが謎です。

データとして持っているようではないのですが、リアルタイムに生成しているようでもありません。

付属するエディタで生成したものをどこかに格納しているようです。

画像なのか、頂点情報なのか分かりません。

実際に自分で作ったものを出してみるのが良いのかと思います。

 

こういったものが増えてくるとお手軽にゲームを作れる環境が整うのでしょうか?

エディタを見る限りは気軽、とはいえないようですが、、

ちなみにゲームもできました。久しぶりにFPSをやってその速さにびっくりです。

 

登録の必要も無くDirectx9が入っていなければ勝手に入れてくれるようなのでお気軽に試せます。

 Click here to get UDK now!

をクリックするとすぐにダウンロードが始まります。

興味のある方はぜひ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です