UE4 – 備忘録3

そういえば、書き忘れておりました。
UE4でパブリッシュが原因不明のエラーで失敗するのでした。
ネットで情報を集めてみると、そもそもVisualStudioのバージョンが違うだとか、割りと面倒な記述が見つかるのですが、
その中で最も簡単そうな、SubstancePluginをオフにする。を実行したらパブリッシュができました。
今回はそれで良いのですが、Substance使いたい時どうするのだろう?
SubstanceとUE4のマテリアルエディタでは、事前計算かリアルタイム計算の違いだと思いますが、
開発会社によってどこまで情報を持たせておく、というのはそれぞれなのだろうか?
日本の開発会社では未だにSubstance使っているところが少なめですねぇ。

 

全然関係ないですが、
2016-04-26_001
頭部のスカルプトです。ディテール適当に入れてしまったが、もっとちゃんと入れないとダメですね、、
虹彩、スカルプトしてみようかなぁ。などと思う今日このごろです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です