Maya API

ついにMayaAPIに興味を持ってしまいました。
それで検索すると、このようなページがあります。
MayaのAPIについて書かれたAutodeskのガイドページです。

 

リファレンスまでは和訳が進んでいないようですが、解説は和訳されております。
PymelとAPIでオブジェクティブなプログラムを作ると面白そうだ、という発想から、
だったらC++を勉強してみたらどうだろう。ということで、少しC++を勉強中です。

 

そこで、色々な発見がありました。
今までPythonやJavaScriptを使っておりましたが、なぜこれはそういった扱いなのだろう、
なぜ、そういった記述なのだろう。という疑問が幾つかありましたが、C++を知るとよく分かりました。
なるほど、歴史的な流れがあるのだなぁ、と改めて関心です。

 

恐らくそこで感じる疑問も、FORTRANやCOBOLを知ると理解できるような気がします。
ただ、そこまで辿る気はない。
それにそういった知識は豆知識にしかならない。そこが面白くはある。

 

modoはSP3になったようです。
頂点マップで幾つかバグがあるのですが、それは解消されたのでしょうか。
modoではあまり使用頻度が少なそうなので、あまり期待はできそうにない。
もうちょっとゲームCGに優しくなって欲しいが、ゲームCGももはや転換期。
そんな使い方はそもそもしない。という時が来るのだろう。
しかし、そういった使い方を別の角度から見て出来たのがZBrushでもある。ということを考えると、これまた面白いなぁ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です