Maya API 2.0

API2.0というものを知りました。
2012のオンラインマニュアルには書いてありませんが、2013のマニュアルに書いてありました。

 

Pymelが遅いのはどうしようもないようです。
すみません、詳しくはわかりません。
で、APIを使って自分で必要にあわせてオブジェクトを作る。
というのが、良いようですが、PythonでやるならAPI2.0を使うのがベター。
と、言った感じなのでしょうか。

 

しかし中々情報がありません。
色々と探してみると、

import maya.api.OpenMaya as om2

print om2.MGlobal.getActiveSelectionList()

のようにすると、選択されているオブジェクトの情報がプリントできるようです。
ただ、これをfor文に入れると、イテレータではない、と怒られます。

import maya.api.OpenMaya as om2

depFn = om2.MFnDependencyNode()
sel = om2.MGlobal.getActiveSelectionList()

for x in range(sel.length()):
	mObj = sel.getDependNode(x)
	depNode = depFn.setObject(mObj)
	print depNode.name()

このようにすると、名前を出力することができます。
API1.0に比べるとちょっと記述が少ないのでしょうか?
参考にしたコードがそのように書いていたのか、どっちなのか分かりません。
ともかく、

import maya.api.OpenMaya as om2

とインポートするとAPI2.0が使えるようです。
2012でも使用すことができるようです。

 

API関連は英語ばかりで良く分からない、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です