Maya Script Pymel UVシェルのアイランド数を数える

from pymel.core import *

sel = selected()

print sel[0].getUvShellsIds()[1]

下らないものですが、こんなものを作りました。
オブジェクトを選択し、上記のスクリプトを実行すると、そのオブジェクトのカレントUVに含まれるUVシェルのアイランド数を数えられます。

 

同じ効用のあるスクリプトをwebで発見しました。
それはOpenMayaを使って書かれており、自分には真似できない代物でした。
Pymelではどのようにやるのだろう。とリファレンスを見ていると、同じコマンドがあったので試しに使って見ました。
あまりにも簡単に出来てしまうので、驚きました。

 

何に使うのか、と言われても困りますが、驚いたので載せました。
他にもコマンドを見てみると、色々とあるのでもっと面白い事もできそうです。
Pymelのコマンド表はmelやPythonのものと違い、特殊な形態です。とても使いにくい、、
せめて例でも載せてくれると、自分のような中途半端な知識のものでも気軽に使えるのですが、、
しかしPymel、凄いですねぇ。これは実はとてつもない破壊力を持ったツールなのではないでしょうか?
もっと情報が豊富に有れば良いのですが、まだ出来立ての物の用で、情報が少ないのが玉にキズです。

追記どうやら出力するだけなら一行だけで良いようです。

from pymel.core import *

print selected()[0].getUvShellsIds()[1]

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です