Maya Script Python スムーズメッシュプレビューをXSI風に使う

Mayaのスムーズメッシュプレビューという機能がメッシュのアトリビュートにあるかと思います。
ホットキーで「1」,「2」,「3」がデフォルトで割り当てられている機能です。
modoでは「TAB」キーでSDSとポリゴンを切り替え、その後「+」「-」でディビジョンレベルを変更します。
XSIでは「+」キーでポリゴンからSDSに切り替わり、その後「+」を押すほどにレベルが上がり、「-」でレベルが下がります。
Mayaでは「3」でスムーズメッシュプレビューに切り替わり、「1」でポリゴンに戻します。「2」はケージ表示になっています。
アトリビュートエディタを開かないとレベルは変わりません。
意味がわかりません。

 

なので、作りました。

import maya.cmds as cmds
[ cmds.setAttr(x+".smoothLevel",cmds.getAttr(x+".smoothLevel")+1) if cmds.getAttr(x+".displaySmoothMesh")>0 else cmds.setAttr(x+".displaySmoothMesh",2) for x in cmds.ls(sl=1,o=1)]

まずはXSIの「+」キーです。メッシュを選択し(複数可)、実行するとスムーズメッシュプレビューになります。
スムーズメッシュプレビューを選択して実行すると、レベルを1上げます。

import maya.cmds as cmds
[ cmds.setAttr(x+".smoothLevel",cmds.getAttr(x+".smoothLevel")-1) if cmds.getAttr(x+".smoothLevel")!=0 else cmds.setAttr(x+".displaySmoothMesh",0) for x in cmds.ls(sl=1,o=1)]

でこちらは「-」キーバージョンです。
実行する度にレベルを1つずつ下げます。
ただそれだけです。

 

※追記2012/7/11
Mayaコマンドの読み込みがなかったので追加しました。

コメント/トラックバック (2件)

  1. らい のコメント:

    Maya でも Page Up キーと Page Down キーでレベル変更できますよー

  2. 研究員 A のコメント:

    コメントありがとうございます。
    本当ですね、、確かに出来ました。
    Mudboxと同じ操作なのですね。
    ありがとうございました。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です