Maya Script Python ハードエッジの選択

import maya.cmds as cmds

def select_hrad_edge() :
	selMesh = cmds.ls( sl= 1, o= 1 )
	eList = cmds.ls( [ x + ".e[*]" for x in selMesh ], fl= 1 )
	selList = []
	for e in eList :
		eInfo = cmds.polyInfo( e , ev= 1 )
		if eInfo[0].find( "Hard" ) != -1 :
			selList.append( e )
	if selList != [] :
		cmds.select( selList )
select_hrad_edge()

オブジェクトを選択し、実行するとハードエッジが設定されているエッジを選択することができます。

 

ハードエッジといえば、modoではポリゴングループで設定します。
理由は知りませんが、エッジで設定できるようになってほしい。
ツールによってデータの持ち方が色々あるのだろうと思います。

 

Pythonの本を読んで知ったのですが、Pythonは数学者が作り、Perlは言語学者が作ったそうです。
そして、両方を使える人が言うには、Pythonは素敵だが、楽しいのはPerlだ。そうです。
個人的な感想なので、極論かもしれませんが、なんとなく分かるように思います。
melで書かれたものをPythonに翻訳すると殆どは短くなる。
そして、より一層短く書きたくなる。あまり短すぎると可読性が低くなる。
自分の性格もありましょうが、Pythonの持つ性質のようなものも感じます。
 

UnityとPhotoShopがPythonに対応してくれるともっと楽しいんだけどなぁ。
Unity使えるようになるためにC#でも始めてみようか。等とちょっとだけ考えております。
リトルコンピュータピープルみたいなものが作ってみたいなぁ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です