Maya Script Python 整数と浮動小数点でのプログラムの実行時間の計測

time
ウェイトエディタを更新しました。
コピペの機能の追加、ジョイント数が多い時にウィンドウが大きくなりすぎる問題を解決しました。

 

その他細かいところをちょくちょく直しました。
一番気になる部分が、ウェイトの四捨五入です。
絶対もっとスマートになると思うのですが、今の自分には出来ません。
せめてもう少し早くならないものか、と色々と考えてみましたが、浮動小数点で計算しているのを整数にしたら
少しは増しになるのではないか?と思いやってみました。

 

今回貼りつけたスクリプトは、Mayaのスクリプトエディタに貼り付け、
オブジェクトを選択すれば実行されます。単一オブジェクトのみの対応です。
で、やっていることは、ウェイトの四捨五入です。

 

2つの関数を走らせ、実行するので頂点数が多くなるとそれなりに大変です。
結果的には同じ事なのですが、片方は浮動小数点(float)で計算をし、もう片方は値を100倍して整数(int)に変更してから計算しています。
実行すると二度同じ事をし、終わるとダイアログに実行速度が表示されます。

 

いくつかやってみましたが、殆ど変わりませんでした、、
若干整数の方が早くなる場合(一秒以下)が多かったので、エディタには整数版を付けておきました。
プログレスバーを取ってしまえば14秒が13秒くらいになったりするのですが、これがないとフリーズしているのか計算しているのかわからないので付けておきました。

 

うーん、悔しい。
なんかもっとスマートな計算方法は無いものだろうか。
それとも、そこまで求めるならばC++で作ってコンパイルしろ、ということなのだろうか。
敷居が高いなぁ、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です