modoで建築01

image631l

唐突ですが、建築モデリングを始めました。

人肌の追求もやっているのですが、もう少ししないとまともなものが出来そうも無いです。

というか、今までまともなものがあったのか、という問題もありますが。

 

以前紹介した、

modo実践チュートリアルビデオ 建築パース編

を元に、拾ってきたCADデータを起こして始めました。

 

何が大変かって、CADデータを整えるのが大変でした。

大きさの違うものを整形する必要がありました。

modoのスナップ機能は強力なのですが、線ポリゴンという他のツールにない状態になってしまう

CADデータはスナップの効きが悪いようです。

よくわかりませんが、CADのデータを「f」キーでポリゴンの反転をすると効きが良くなりました。

謎です。なんとなくわかるような気はしますが。

 

まだまだ始めたばかりですが、やはりmodoのモデリングはすごいですね。

これだけの技術や知識を披露しているHIBIさんもすごいです。

見ているだけでは身にならない、という事を痛感します。

同じ結果でもモデリングの筋道が沢山あります。

 

建築関係でmodoが使われる理由が良く分かります。

海外ではゲーム会社でも使っている所はあるみたいですが、日本では噂でしか聞いたことがありません。

随分とワークフローが変わり、格段に早く作業が進むと思うのですが、CGツールは習得に時間がかかるので

恐らくそれを恐れているのかと思います。

 

HIBIさんはレンダリングのチュートリアルビデオの制作もされたそうですね。

マーズからでるチュートリアルは値が張るので、厳しいのですが十分その価値があるものなので、

やはり買ってしまいそうです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です