モデルの調整02

どうも作業に時間をとってしまい、更新のタイミングが難しいです。

前回書き忘れましたが、手を下ろした状態にしました。

 

ポリゴンの状態とSDSの状態で出来る限り共通させることを目論んでいましたが、

やはり無理なようです。

SDSできちんとなるように作ってゆきます。

 

このモデルはこのモデルで一枚絵にでもして終了させます。

髪の毛どうしよう、、

 

image594l

こんな感じです。

アドバンスドOpenGLで作業しています。

色々とテクスチャが乗っているので、黒っぽい色になりますが、

これはこれで立体が見えやすく作業はしやすいです。

もちろんレンダリングに近づいた方が良いとは思いますが。

 

骨や筋肉の形を手がかりにモデリングしてゆくので、どうしてもそれらが発達してしまいます。

細かい形が作れないながらも、そういった形を作っていると楽しくなるので、全体が崩れがちになります。

 

20100326a

足は殆ど手付かずなので、いい加減です。

4分25秒くらいです。

 

そういえば、今更ながらにこのモデル、素体でした。

ポリゴンの割り方も殆ど縦横割のものです。

なので、形の流れが作りにくい物になっています。これを元に割り方を必要にあわせて変えてもらうことを前提にしていました。

でも、今回は足の指以外は頂点移動しかしていません。

割直したくなるのですが、どうもそうすると余計に細かい形を追ってしまいそうな気がします。

 

image596l

レンダリング画像を見ていたら、気になるところを修正したくなり、修正しました。

実際の作業画面です。

「ペイント」タブで、テンキーの「0」を押すとパースビューのみの表示になります。

「F3」を押すとフローティングウィンドウでスカルプトツールが表示されます。

画面が広いので、作業がしやすくなります。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です