モデルの調整05

20100403c000020100403c000120100403c0002

ちょっと間をあけて見てみましたが、やはり色々と変ですね、、

 

うーん、まだ横から見たとき変だなぁ。

だいぶ足を太くしてみました。

実際の人間はもっとあってもいいと思います。

あくまでも現実的なものを作らないつもりですが、いじっていると寄ってしまいます。

 

離れすぎてもおかしく見えるので、そこが難しいです。

 

ゴリゴリのものを作るのであれば、クリーチャーというのもひとつの選択肢です。

実際にいない怪物だと、解剖学の知識が中途半端でも誤魔化せます。

 

デフォルメしてゴリゴリと筋骨格っぽいものを作ってしまえば、

これは、こういうものだから。と、言い訳ができます。

 

モデルを公開する前にシェーダを公開しようかと思います。

大した事はしておりませんが、適用しているテクスチャの色味をひろって、

各エフェクトに適用したものです。

 

シェーダプリセットの作り方を勉強して作ってみます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です