modoで竜の頭 - 04モデリング

image122l

04

目の周りをモデリングしました。

上顎と目の真ん中を通る、縦のエッジループを追加し、

出来たエッジとすでにあるエッジのポイントをベベルし

目の入る位置を作りました。

その周りにエッジループを追加したり鼻の先に伸びてゆく

エッジと目の上に伸びてゆくエッジを追加してゆきました。

 

その後微調整です。

竜は実際にいない生き物なので適当に作っていいのですが、

やはりリアリティを持たせるには実際にいる動物を参考に

形を作るのが良いかと思います。

 

それも面倒なようならインターネットで検索して

すでにデザインされている竜を参考に作ると良いかと思います。

実際に自分は後者の方で作っております。手抜きですね、、

 

モデリングを進める時、絵を描くことと同じで

全体的に進めるのももちろん重要なのですが

自分の場合飽きやすい部分もあるので意識の引っかかりになる部分を

作り進めることをします。

今回の目の作りこみのような感じなのですが

イメージしやすい部分。特に目などが良いかと思うのですが

そういったポイントを作り過ぎないくらいに作ると

イメージが沸きやすくなり、やる気も出てきます。

余り作りすぎると修正が大変になるので、局部の作りこみは要注意ですが。

 

image121l

 

現在の際製作状況です。

色味を色々といじっております。

ペイントについてはその時に書いてゆこうと思います。

しかし最初から比べるとすでに大分動いていますね。

まだ動く可能性は十分にあります。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です