modoで竜の頭 - 12ペイント04

書き忘れていたことを思い出しました。

image148l

modoのペイントでは、円柱形に注意です。

図のようなことが起こります。特にローポリの場合。

以前仕事で超ローポリをペイントする際に使ったのですが、

余りにローポリ、低解像度のテクスチャで、法線プロジェクションではうまく行きませんでした。

 

マニュアルには、ファイルメニュー、システム>環境設定>表示>レンダリング>ベイク時の境界サイズ

 

で余白を調整できる、ということでしたがそれもうまく行かなかったので

ビュープロジェクションを使いました。

 

こちらでは余白が調整できるというのではなく、デフォルトで余白が大きく取ってあるようなので

何とか仕事で使うことが出来ました。

 

しかし、円柱問題はましにはなりましたが解決には至りませんでした。

最終的な手段としては、4面の円柱を一塊で展開するのではなく、二つに分けました。

どうもローポリにはやさしくないです、、

 

散々悪く書いているようですが、それでもmodoを使うメリットが大きいです。

他のツールで出来ないことがたやすく出来てしまうのが魅力です。

 

今回のような問題が出た時は、新たにUVを展開しなおして焼き付けるか

程度が低いようでしたらうまく誤魔化すことをお勧めします。

ちなみに今回の竜では後者です。

 

無駄に記事を分割してしまったようで申し訳ないです。

 

では、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です