modoで竜の頭 - 13ペイント06

image152l

さて、竜の頭も終了です。

データはまとめておいて置きます。

d02

tex02

psdデータもアップしようとしたのですが、少し前からアップできる最大容量が1MBになってしまい

アップできませんでした。何とかしなくてはいけませんね。

ちなみにpsdデータでは、一番下にtex02(カラーテクスチャ)を敷き、

次にtex01乗算で乗せ、その複製を覆い焼きカラー60%で乗せております。

 

少し結果は違います。

それぞれの画像の演算方式に違いがあるのでしょう。

 

見てのとおりなのですが、カラーテクスチャはかなりいい加減です。

それでもグレースケール画像を合わさることで大分視覚に耐えられるものになるかと思います。

 

このように要素を分解して描く、ということを個人的には良くやります。

絵がうまい人であれば分解する必要は全くないとは思うのですが、

そうでない場合は出来るだけ要素を分解して描きやすく、考えやすくするのが良いかと思います。

 

CGでものを作る際に一番重要なものの考え方だと個人的には思っております。

作ろうとしているものがどういった性格の要素で構成されているのか、

エフェクトなどは特にそういった性格が強いかと思います。

 

それを見極めるには身の回りにある様々なものを分解して見る力が重要なのだと思います。

平たく言うと洞察力、とでも言うべきなのでしょうか。

自分も日々精進です。

 

さて、この続きですが

Modtoolを使いこれに骨を入れてモーションを付けるところまでやってみようかと思います。

モーションは久しぶりなので緊張しますが。

Modtoolも日本語で使えるとありがたいのですが、どうも出してくれそうにはありません。

XSIという言葉はなくなってしまったのですね。AutodeskSoftimageだそうです。

なんだか気持ちが悪いです。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です