modoで爺さん01

人のブログを見て気づいたのですが、タイトルにツール名が書いてあると分かりやすいですね。

初めて訪れると、何のツールで作業しているのか分かりません。

 

途中まで毎回modoとタイトルに書いていたかと思いますが、

面倒くさいので、やめてました。

 

image602l

 

現状です。

マテリアルは、女性のモデルで作ったものを流用し、

コンスタントをディフーズ、スペキュラー、反射、SSSのカラーにインスタンスして使っています。

なので、ディフーズのカラーを変えると全てのカラーに反映されます。

 

そして、モデリングですが。

特に明確なイメージがあるわけではなく、大体のイメージで進めております。

なので、途中大幅に変わってゆくかと思います。

 

目的はSDSの特性を理解する。

という事にあります。

どうも、言葉にすると抽象的なものしか出てきません。

自分としても実験的な部分が大きく、解説を連載するまでは至らないかと思います。

それは、今に始まったことでもありませんが、、

 

流れを作って、いなしてゆく、という漠然としたことしか言えません。

4角形、もしくは5角形を使ってモデリングしています。

3角形だと力が強すぎてしまします。かといって全く使えないわけではありません。

 

やはり思うのは、同じ顔だからといって普遍的な流れがあるわけではない。ということでしょうか。

特に人間の顔は特殊な筋肉で構成されていて、筋肉が皮膚に接続されています。

人により、年齢により表面の流れが変わってくるのも当然かと思います。

 

しばらく進めてみます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です