modoでの女性キャラクターの作成11 - ポリゴンの割りについて

中々先に進めません、、

次の段階に進む前に色々と調整していたらとんでもないことに気が付いてしまいました、、
正確に言うと見て見ぬ振りをしていた、といいましょうか、、なんともはや、、

普段パースの画角(modoでは平面率)を殆どつけない状態で作っていたのですが
その状態だとパースのかかっているカメラから見るとパースが崩れて見えてしまいます。

レンダリング時におかしさに気づいてはいたのですが、カメラを離して焦点距離をいじってレンダリングしていました。
それにより遠くから望遠レンズで見たようにパースが少なくなります。

室内を作ってレンダリングしている時に明らかな差に気づいてしまいました。
修正しようかこのまま押し切ろうか迷ったのですが、思い切って修正していました。


これが修正後の画像です。だいぶまともになったかと思います。
ここまで修正したら面の割り方もいっそうのこと変えてしまおうかと思いましたがそれはとどめておきました。

今回はその面(ポリゴン)の割りに付いて書こうかと思います。

これが現在の割り方です。
はっきり言ってあまり良い割り方ではありません。
特に四肢の方はかなり投げやりになってしまっています。恐らくこのモデルはそのまま進めてゆくと思います。
siloというツールではトポロジーブラシという機能があり、面の割をブラシで書いて修正できるそうです。demo
を見ると機能を確認できます。(人様のブログから勝手に情報を持ってきているので心苦しいですが)

そういった機能があれば割の修正も楽になるのでしょう。

そういえば、googleの広告を付けてみました。おおっぴらになっているサイトではないので
付けても意味は無いのは承知の上なのですが、好奇心です。

このサイトを運営するに当たり久しぶりにインターネットの事について知識を得ましたが、
自分が昔やっていたときとはだいぶ違い進化の早さにびっくりです。

広告をつけるのも一苦労でした、、めんどくさいです。
もう少し色々と勉強してゆかなくてはいけないと、実感してしまった今日この頃です。

もっと頻繁に更新してゆきたいものです。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です