フレッシュプリキュア - 02

image552l

プリキュアの進捗です。

小さいフィギュアだけでは細部が分かりません。

CGWORLD2009年7月号にアニメのエンディングで作成された3Dモデルの話があったので、

それを買ってみながら作っております。

記事が少なく写真が小さいのですが、無いよりはましです。

 

アウトラインは犬神というゲームで使われた手法を使ってみました。

ずいぶん前に裏技的な感じで評判になった手法です。

オブジェクトを複製し、法線を裏返して、法線方向に拡大させます。

 

ちなみに使っている画像は、目以外はべた塗りです。

image553l

どういった表現にしてゆくかまだ考えていません。

リアルタイムでの表現なので、ある程度影を描きこんだ方が良いのだろうとは思っております。

トゥーンシェードは作るのが大変な上にリアルタイムではあまり良いものが作れないかと思います。

 

髪の毛はまだサブディビジョンサーフェイスです。

image554l

細かい調整は全然できていません。

ポリゴン数が5万近くあります。

アウトライン用のポリゴンを含めると10万近くになってしまいます。

すでにリアルタイム用としては問題ありですね。

スカートのひらひら部分をモデリングしたのが原因かと思います。

これも手法が決まっていないのでこうなりました。

 

まぁ、一体だけ表示するのであれば問題ないかな?と思っております。

モデル的にはリアルタイム用なのかプリレンダリング用なのか、中途半端なものです。

 

色々と手法が決まっていない中、制作を進めていたので中々進みませんでしたが

気持ちを割り切ってしまい作っております。モデル的にはあと少し、かと思います。

 

できればもう一体作りたいのですが、仕事が忙しくなってきそうなので

作れないかもしれません。

なのでまだパッケージ内容が決まっていません。

 

リグもまだ途中で放棄したままです。

うーん、まずいなぁ。

 

では、今回はこの辺で。

コメント/トラックバック (2件)

  1. nita のコメント:

    サークル賞味期限過ぎのnitaです。ご無沙汰です。
    少し遅れましたが、コミケおめでとうございます!
    しばらく当落書き込みが無かったので、今回は参加されないのかと
    思っていました。
    私も受かったので(しかもかなり近い)、当日会いに行かせて頂ければと。
    初書き込みで、すみません。。
    次回はプリキュアという事で、髪とかスカートヒラヒラとかの部分を
    リアルタイムでどう処理するのか、非常に楽しみです。
    ぜひ、リアルタイムでの変身シーンをデモして下さい。。
    では。

  2. 研究員 A のコメント:

    お久しぶりです。
    合否が分かるまで触れないようにしておりました。
    受かってしまいました。
    nitaさんも受かられたようで、おめでとうございます。
    当日会えることを楽しみにしております。
    揺れ物は手付けでやるつもりです。
    変身かぁ、、もう一体作る予定のものが研究員M曰く、著作権に問題がありそうなので
    やめにしました。何を作ろうか考えておりましたが、そういう方向もありですね。
    しかし、シェーディングする必要のあるものも作らないとデモとしてはまずいですね、、
    どちらにしろ後の期間でできるのか分かりませんが、、
    書き込みありがとうございます。
    動画、楽しみにしております。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です