フレッシュプリキュア - 03

image562l

UV展開です。

恐ろしく地味です。modoのUV展開は他ツールに比べ圧倒的に楽ではあるのですが、

ゲーム的なUV展開というものはそういった便利ツールでも中々カバーできないものがあります。

結局地道に進むしかありません。

 

モデルで色々作りましたがテクスチャでやることにしました。

そういえば変身するときに使う道具を作るのを忘れていました。

まだ作っていません。

 

話は変わってZBrush3.5r3が出るそうですね。

ZBrushはずいぶん前からアップグレード無料を謳っています。

一体どういった経営体制をとっているのか不思議になります。

円高の影響もありPixologicで直接買うと5万円くらいで買うことができます。

日本の代理店を通すと9万円くらいになります。

どういったことなのでしょうか?

modoは日本の代理店を通しても1万円くらいしか変わらない上、

ローカライズも行われています。

 

不当にぼったくっている、としか思えませんが、いかがなものなのでしょうか?

ZBrushもここまで進化を遂げこの価格となるとその他のスカルプトツール、

Modboxや3Dcoatとかなりの差を付けるのでしょうか?

 

うーん、気持ちが揺れ動きます。

モニタの3D化がかなりのペースで進んでいるようです。

それとツールの融合が近い将来来るのではないでしょうか?

次はデバイスの3D化でしょうか?やはりグローブでしょうか?

近未来です。

 

行く末を傍観するしかありません。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です