フレッシュプリキュア - 07

image568l

一応こんな感じです。

image567l

個人的にはアウトラインがないほうがすっきりしていいように思います。

中途半端な処理をしたアウトラインはやはりだめですね。

当たり前の話ですが始めにきちんと設計して作らないとどうしようもありません、、

 

とりあえずここまでにしないと進めないのでリグのほうに入ってゆきたいと思います。

しかしアウトラインを入れて6万近く、なくて3万近いポリゴン数になってしまいました。

うーん、考え物です。

 

Zbrush、どんどん値が下がっております。

円高、というよりもドル安のようです。

Gucci Post

以前こちらのページで解説されておりました。

良く読ませていただいているページですが、自分は経済に全く疎いので勉強になります。

 

経済といえば、自分は花見酒という小話を思い出します。

小規模経済において否定的に使われるたとえ話です。元々落語の小話だったかと思うのですが、

二人の男が酒樽を持って花実に行き、酒を飲むときはその酒樽から汲み上げ、相手に3文払います。

それを交互に繰り返し、最後に酒がなくなり、金も動かず終わる。という話だったかと思います。

要はそんなミクロな経済をしていてはいけないよ。というように使われることが多いのですが、

個人的にはミクロもマクロも変わらないように思います。

 

マクロでは地球資源という限られたものを消費しているだけで金という実体も不確かなものを交換しています。

なので、二人が酒に酔って良い気分になった。めでたしめでたし。

で良いかと思います。

 

エコだとか節約だとか最近は事やかましくいわれますが、どうも自己満足に過ぎないのでは?

という疑問は拭い去れません。

少し語弊がありますが、それで良いと思います。

日本の農村では良いのもでも悪いものでも、とにかく新しいものお断り、という文化がありました。

それが強い秩序を生み出し太平の世を築いていたのだと思います。

 

話がそれました。

Zbrushやはり気になります。GOtoZはいまだ実装されていないようです。

これが実装されれば他のスカルプトツールは駆逐されてしまうのではないでしょうか?

どうもドル安は年末まで続くようなのでコミケが終わってから考えようかと思います。

modoも早くも501の話が出始めているようです。

メジャーアップグレードということはまたお金を払わなくてはならないのでしょうか?

この前払ったばかりなので、気が引ける、というか無理です。

せっかく良いツールなのですが、、

Autodeskに買収されたツールよりはアップグレードの価値があるようには思いますが、さすがに厳しいなぁ、、

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です