SSSの研究 - 06

20100116a

色々とやってみましたが、ディフューズのシェーダを「スクリーン」にし、

ディフューズ量を調整してみました。

 

なるほど、という感じがしました。

まだビニールっぽい感じは取れませんが、これを進めてゆく方向にしてみます。

やはりそれなりに考えて設定されているのですね、失礼しました。

 

もう少し調整したら、どういったレイヤー構造になっているのかを解説します。

 

では、取り急ぎ。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です