MODO 701 – その2


この本に3Dスキャンされた人の顔のデータが入っています。
それをZBrushで復元する方法がありますが、そのデータを見ていると、
画角がある状態とない状態で、随分と印象が変わることが分かります。

 

以前からその辺りを疑問に思ってはいたのですが、実際に画角のない状態を
見ることができないので、諦めておりました。
で、早速作っていたデータを画角を考慮して編集しなおし、MODOでレンダリングしてみました。
2013_04_21Image_02
こんな感じです。

 

GoZ、MODO701でも問題なく使えるようです。
せっかくならば、マルチレゾリューションのデータをやり取りできると更に便利そう。
ただ、MODOはスカルプトもできてリトポもできるのに、
それを転送する方法が見当たらない、、
何処かにあるのだろうか?

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です