MODO701

2013_04_12Image_01
アップグレードしました。

 

早速速くなったと評判のスカルプトをテストしました。
安物のゲーム用ビデオカードなので、やはりイマイチです。
ちゃんとしたものを使えばそれなりの速さを体感出来ます。
でも、ZBrushのスカルプトのしやすさに比べてしまうとやはりイマイチです。

 

ブラシの感覚テストで、プリセットに入っているモデルを元に手を加えてみました。
余り良いモデルではなかった、、

 

でもOpenGLでここまで早くなっているのは確かに凄い。
ちょっとしたものならMODOでも、と一瞬考えますが、
やはりZBrushでやったほうが早い。

 

その他の点では、期待していたUV周りは余り手が加わらなかったようです。
最近のゲーム背景ではライトマップを使うことが多いかと思いますが、
MODOのUVパックよりも3Dcoatのパックの方が性能が良い。
ただ、調整ができないので、やはりMODOに持って帰って、調整が必要だ。

 

以前のスクリプトが今のところ全部使えているのが嬉しい。
スクリプトが大幅に変わった、と、いうのでそれが一番心配だったが、問題ない。
細かい地味な所での機能改善が嬉しい。
でもメジャーアップグレードの恩恵は余り受けられていないような気がする。
パーティクルはそうそう使わないしなぁ、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です