MODO801

MODO801が発表されたかと思ったら、早速英語版が先行して販売されました。
ローカライズが終わったら日本語版が手に入る、という701の時と同じ形式だそうなので、アップグレードしました。

 

今回の目玉は、ノードベースシェーダ、Mari、Nukeとの連携でしょうか。
リアルタイムモデルでの恩恵は余りありません。
UV機能の向上とベイク機能の向上くらいでしょうか。

 

今回は見送ったほうが良かったかもしれない。とちょっと思っております。
ただ、調べたところ、801で吐き出されたFBXでは頂点カラーの情報を頂点フェイスで吐き出している。
しかし、吐き出されるのはカラー情報だけでインデックス情報がないのでMayaでそのまま読み込むとおかしくなる。

 

カラーの配列から順番にインデックスを生成すればいいだけなので、素直に吐き出してくれればいいのに、、
とMODOに文句をいうか、読み込むときにその順番でインデックスを生成すればいいのに、、とMayaに文句をいうか。
Colladaではきちんと再現出来た。でも選択セットが吐き出されない、、
うーん、惜しい。

 

カラーマネージメントがデフォルトで入ったのはありがたい。
レンダリングのガンマを変更すると、読み込んでいるイメージのガンマも変更してくれるわけではないのかな?
まだその辺りは分からない。

コメント/トラックバック (4件)

  1. 購入を迷っている者 のコメント:

    いつもこっそりブログを読ませて頂いております。

    コメントは初めてになるのですが、もしお手数でなければModo801でSubstanceプラグインが動作するか教えて頂けると嬉しいです。
    ノード化もあるので動くのかどうか知りたいのですがどこを見ても情報がありません。
    失礼に感じた場合は無視して下さって構いません。

    よろしくお願い致します。

  2. 研究員 A のコメント:

    返事が遅くなってしまい、申し訳ないです。
    MODOでsubstanceを使ったのは随分前なので、すっかり忘れてしまい、復習しておりました。
    sbsarを作り、MODOに読み込んでみましたが、MODOが落ちました、、
    デフォルトでプラグインが入るようになったようですが、801用の物を入れなおさないといけないのかもしれません。
    探してみたのですが、見つかりませんでした。まだないのかもしれません。
    お役に立てずに申し訳ないです、、

  3. 購入を迷っている者 のコメント:

    丁寧にお返事を頂いたうえ、実験までしていただき心より感謝致します。
    現時点での801ではSubstanceを扱えないということで残念です。

    ModoJamanGroupの801紹介動画を見てみるとマテリアルのノード化が思いのほか簡単そうで、しかもハイブリット設計になっていることから購入を決めました。
    Allegorithmic社は対応が早いのでSubstanceの件もすぐ対応してくれるだろうと期待することにしました。

    いつもためになる記事を楽しみにしております。
    この度は本当にありがとうございました。

  4. 研究員 A のコメント:

    とんでも無いです、、恐縮いたします。

    そうですね、既存のシェーダーツリーとノードベースシェーダーが共存できる設計というのは確かに驚きました。
    Substance、色々なところで使われているのですねぇ。
    内心、早くフォトショップなんて無くなれ、とちょっと思っております。

    いつも読んで頂き、誠にありがとうございます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です