ガンマ補正

チュートリアルビデオを見ました。

特に興味深いマテリアル、レンダリングに付いてまず見てみましたが、びっくりしました。

 

今まで画像のガンマというものを殆どいじったことがなく、

デフォルトの「1.0」を当たり前のものとして使っていましたが、

アウトプットのガンマ値により、変動させる。ということが分かりました。

 

初期設定のレンダリング、「カラースワップとピッカーに影響」「システムカラーダイアログに影響」

のチェックを付けておけば、modo内でガンマ補正をしてくれる。ということは知っていました。

 

これはアウトプットのガンマ値(最終カラー出力のガンマ値)に対し、modo内部で設定した

ディフーズカラーなどを変更してくれる。という機能です。

 

それに対して、画像のガンマは補正がありませんでした。

今までmodoでレンダリングしていて、なんだか白っぽいなぁ、などと思っておりましたが、これだったのですね、、

 

そしてその解消法は、アウトプットが「1.6」であれば、

画像のガンマは「1/1.6」になるそうです。「0.625」です。

modoの便利な点は数値入力に計算式が使えることです。

なので、シェーダツリーで画像を選択し、「テクスチャーレイヤー」にある「ガンマ」の数値入力に

「1/1.6」(1/最終出力のガンマ値)を入力すると「0.625」が計算され、入力されます。

 

これは自分がマニュアルを見ていないからでしょうか?

マニュアルは全部のhtmlを開き、「charset=iso-8859-1」の部分を「charset=UTF-8」に変更すれば、

IE系のブラウザでも表示出来るようになるようです。一部を変更して確認しました。

全部はやりたくありません。

 

うーん、ショックです。

 

レンダリングまでを職業としていない、リアルタイムの業種なので、そういったことに無頓着でした。

water04

そして、これがそこから学んだことを自分なりに反映させたものです。

15分もかかります。

説明は次回。

water02

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です