マテリアルの模写01 – ぬいぐるみ

うーん、もっと早くに更新するつもりでしたが、時間がかかっています。

以前Luxologyのフォーラムでマテリアルを公開されている方がいました。

こちらです。

 

昔見つけたときにはすでにリンクが切れていただか、

ファイルを保存したけど無くしてしまっただかで、手元にファイルがありません。

 

なので、試しにこれを模写してみることにしました。

 

他のサイトで見つけましたが、

ノイズのディスプレースメントの上にセルラーのディスプレースメントを

オーバーレイで乗せる、ということが分かりました。

 

それを調整して日がたちました。

難しい、、

 

今日こそは、と毎日思いながら、いや、もっと。

といった感じに続けております。

 

ディスプレースメントを使っているだけあってプレビューも遅いのですが、

中々変化しないパラメータがある一定の値で突然変化が激しくなったりします。

やってはいけない事ですが、複数のパラメータをいじって、どれをどういじったのか分からなくなったりしました。

せっかく良い感じになったものを、少しいじって台無しになったことも多々ありました。

 

もういい加減区切りをつけて、データをアップしてから調整して行きます。

これがシーンデータです。

ball

これがレンダリング画像です。

ball01

実際に調整するときはSSSを切り、GIも使わず、シャドーも落とさないで調整しています。

そうすれば、なんとかプレビューを待つ事も我慢が出来るレベルになります。

 

アホみたいな企てですが、勉強になります。

何の役に立つのか分かりませんが、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です