modoのマテリアルプリセット – HumanSkin

プリセットを作ってみました。

テクスチャを「コンスタント」レイヤーに置き換えて作ったので、色味を調整しました。

 

色味は全てこの「コンスタント」レイヤーで付けます。

ディフーズの色が大元で、後はインスタンスです。

なので、ディフーズの色を変えると他も変わる仕組みです。

 

そして、サブサーフェイスの上に「プロセス」レイヤーがあり、色を変えています。

恐らくこの「プロセス」レイヤーは下のサブサーフェイスの色にしか影響していないと思いますが、

どうなんでしょう?自信はありません。

 

画像を使ってこのプリセットを適用する場合は、この「プロセス」レイヤーに画像をドラッグアンドドロップすれば、

その画像にのみ「プロセス」を適用することが出来るようです。

 

色味は適当に付けているので、調整してください。

少し変えると大分変わることに注意してください。

 

そして、「Render」>「大域照明」>「サブサーフェイススキャッタリング」

「両方」にして使用することをおすすめします。

 

HumanSkin

 

モデルのレンダリングを見ても分かる通り、大分白く作っております。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です