modoのモデリング2

ずいぶんと更新が滞りました。

製作の方はいまいち思うとおりに進みません。

顔の割りは満足行く形が出来たのですが、体の割りはいまいちです。

image359l

今回は男です。

筋肉、骨格に沿わせるべきか、順当な縦横割で進めるか、

自分の中で葛藤し続けております。

ちょっと中途半端です。

こだわりを持っていると先に進めず、こだわりが無いと進むことすら出来ない。

なんだかそんな感じです。

自分の中で折衷案を見つけてゆくしかないのかと思います。

人のモデルを見ても様々です。

と、まぁグチのようなものはこの辺にして

今回はまた地味な機能(?)の説明です。

アップグレードしていないのでmodo302です。

アップグレードする気満々だったのですが、いざ機会を逃して情報を集めてみると

手放しに喜べないような印象を受けてしまいました。

自分で触っていないのでなんとも言いがたいのですが、

ひとまず今回のものを進める方が自分の中で優先度が高いのでまだ302を使います。

今回紹介する機能ですが、

これもものすごく個人的な事なのですが、プリミティブ形状を作成する時、

ドラッグして作るのは嫌いで、数値入力で作成する方を好みます。

ただ、modoの場合作成ツールをアクティブにし数値を変更し、「適用」もしくはドラッグ開始

ですが、自分としてはXSIやMayaのようにとりあえずパッと形を出してから

具合を見ながら数値をインタラクティブに変更できることを望みます。

modoでは「Ctrl」を押しながらツールをクリックすればデフォルト値で図形を作ることが出来ますが、

インタラクティブに変更できません。

これを解決する方法を見つけました。

image360l

まずは適当にプリミティブ作成ツールをアクティブにします。今回はシリンダーにしました。

image361l

画面で一度クリックします。

「Ctrl」+「d」を押します。これはツールの初期化のショートカットです。

他のツールでは大抵、複製にアサインされているものなので何だかしっくり来ません。

image362l

すると値が初期化され、デフォルトのシリンダーが作成されます。

この状態だと左の数値入力でインタラクティブに値を変更できます。

くだらない事だと思いますが、個人的には非常にヒットしました。

特にシリンダーなどでは、サイドとセグメントの値を見ながら調整したいです。

ただそれだけでした。

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です