modoのマクロ

mental millの事を書く前にmodoのマクロについて書きます。

存在は知っていたのですが、興味が無いので必要になったときに調べよう。

程度に考えていました。

仕事で必要になったので、調べて使ってみました。

 

フォトショップのアクションと同じような感じです。それは想像通りでした。

しかし、扱いがもっと手軽です。

フォトショップのアクションを作る時はテープレコーダに録音するときのような緊張が走ります。

途中の追加や削除もできるので緊張することも無いのですが、録音ボタン(?)を押して少し気を引き締めてから作業を登録しています。

 

では、modoのマクロがどのくらい手軽なのかを説明します。

 

image504l

仮に選択した4つのポリゴンを押し出します。これを横のポリゴンにも同じように適用することを前提にします。

まずはポリゴンを選択した状態にします。

image505l

その状態で、ファイルメニューから、システム>マクロの記録を選びます。

image506l

「b」でポリゴンベベルを起動し、適当に伸ばします。(401以前はデフォルトで「グループ化」にチェックが入っていたように思うのですが気のせいでしょうか?)

image507l

再びファイルメニューのシステムを開くと先程マクロの記録だったものがマクロの記録中になっています。これを選びます。

image508l

隣の4つのポリゴンを選択します。

image509l

同じくシステム>再実行を選ぶと先程登録したマクロが適用されます。

image510l

こんな感じです。

しかし、これを続けてやるには一々プルダウンメニューを出さなくてはなりません。

なので、これをショートカットにしてしまいます。「F5」を押して履歴を出します。

image511l

適用したコマンドが羅列されています。

「記録したマクロの再生」を選ぶと下にコマンドが表示されます。この文字をクリップボードにコピーします。

ちなみにコマンドはこれです。

macro.replayRecorded 1

ファイルメニュー、システム>入力編集を開きます。

割り当てしたいキーをダブルクリックして先程コピーした文字をペーストして、「OK」を押します。

 

これでマクロの登録ができました。そのマクロ自体ファイルにして保存することもできるようですが

自分などはこういった用途で使うことが多そうなので、その時々に作ったほうがよさそうな気がします。

なので、マクロの再生だけショートカットに登録しておけば便利でないかと思います。

ちなみに再びマクロを登録しようとすると以前のものが消されて新たに作成されます。

 

個人的にはフォトショップのアクションよりも手軽で好きです。

ついでに言うと、今回のマクロはポリゴンの選択解除まで登録したほうが良かったですね。

 

地味な感動でした。便利です。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です