modoスクリプト 01

Learning modo-blogさんで紹介されております。

グリッドのオンオフのスクリプトについてです。

 

こちらも地味に便利です。XSIでは「g」だけで出来るのでそれもまた便利なのですが。

記事を読むと日本での販売元のmrasさんの方が作られたそうです。

 

スクリプトでツールにアクセスできるのは便利なことなのですが、

色々なツールでやっていると混乱しますね、、

 

ちなみにそちらで紹介されているスクリプトを元に

もっと地味な、スクリプトを用意しました。

#perl
lx("select.viewport fromMouse:1");
if (lxq("viewport.3dView showSelections:?") == 1){
 lx("viewport.3dView showSelections:0");
}else{
 lx("viewport.3dView showSelections:1");
}

 

選択範囲の表示と非表示です。

ペイントなどでこれまた地味に活躍します。

範囲を限定したペイントが出来ます。

マスキングをしているようです。

 

modoはスクリプトのテストが容易でないのが欠点です。

XSIやMayaがその点優れているから欠点に思うのだと思いますが、

同じようなシステムをぜひ作って欲しいです。

そうすればもっと気軽にスクリプトで遊べます。

 

出来ればショートカットの登録やメニュー周りの作り方も楽になって欲しいものです。

なんだか要望ばかりになりましたが、、

 

パクリだらけのスクリプトで申し訳ない限りです。

備忘録的に乗せさせていただきます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です