ZBrush modo – ZBrushからmodoにベクターディスプレイスメントを持ってゆく

ZBrush4R3くらいからでしょうか?ベクターディスプレイスメントマップを吐き出せるようになったようです。
で、ベクターディスプレイスメントといえば、modoではないか、と勝手に思い込み、やってみました。

 

やり方を検索していると、読み込み側のツールによって、色々と設定があるようなので、
試しにLuxologyのフォーラムで検索してみると、ありました。

ZBrush側では基本的に初期設定で、「vd Tangent」をオン。「dv SUV」をオフ。
ポリペイントなども同時に吐き出す場合は、「Multi Map Exporter」を使うと良いようです。

で、modo側ではマテリアルの「ディスプレースメント距離」を「1m」、「Render」の「設定」にある、「ディスプレースメント評価間隔」を「0.2」に変更。

 

それにスキンマテリアルを適用して、
2013_02_20Image_01
こんな感じです。
レンダリングは時間がかかりそうだったので、プレビューのみです。

 

今回はすでに左右対称を崩しているので、QRemesherでリトポし直すのは断念しました。
DynameshをUVMasterでUV展開しています。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です