modtoolで水道橋6

うっかりと日をすごしてしまいました、、

 

作業の途中で間を空けたので、自分で何をしていたのか思い出すのに一苦労です。

ベンドで曲げて、おしまい。ですね。

 

曲げた面が垂直になっているか手早く確認するには、

「t」でポイント選択にし、ポイントを選択すると右のトランスフォームに数値が入ります。

image269l

もし垂直になっていないようならば、ベンドを調整するのも良いのですが、

スケールをX軸にかけるというのも手です。

その時は、トランスフォームの下のほうにある、「COG」と書かれたスイッチを入れておくと

選択範囲の中心にハンドルが来てくれるようになります。

image270l

「Ctrl」を押しながらで、定数でスケールしてくれます。

 

では、次の作業に移ります。

まずは「イミディエイト」のスイッチをオンにします。

個人的にはデフォーマを使う時以外はいつもオンにしております。

image271l

両端のポリゴン、合計4つを削除します。

地面に接地する箇所と、次の形に繋がる箇所です。

ちなみにパースビューのグリッドが邪魔なので非表示にしました。

グリッドを非表示にしたいビューに合わせ、「g」でグリッド表示のトグルができます。

「Delete」キーでポリゴンを削除したら、「Space」キーでオブジェクトモードに移行します。

 

image272l

修正>ポリゴンメッシュ>ポリゴン対称化を実行し、

出てくるダイアログをデフォルトのままで「OK」を押します。

 

次に、アーチとアーチをつなぎ合わせます。

image273l

一組ずつやったほうがいいみたいです。

二本のエッジを選択し、右クリックでメニューを出し、「境界エッジのブリッジ」でつなぎ合わせます。

image274l

出来ました。

modoのブリッジよりも手間がかかりますが、確実です。

Mayaのブリッジは、貼った面と面のエッジをつなげてくれませんが、XSIはつなげてくれます。

 

scene04

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です