modtoolで水道橋9

早速作業に入ります。

 

柱の段の部分を作ってゆきます。

製作過程はポリゴンを押し出すためにエッジループを切り、

ポリゴンループを押し出してゆきます。

image282l

「i」でエッジ選択にし、柱の真ん中を上下に通るエッジの一本を選択します。

選択したエッジの近くで、右クリックのメニューを開き、「エッジ分割(スプリットコントロール付)」を選び、ダイアログを開きます。

「イミディエイト」ボタンが入っているとウィンドウで開かれ、ヒストリも残ります。後で消せばいいので、それはそれでかまいません。

残っているとデータが重くなってゆきます。

 

image284l

キャプチャソフトの関係上、「イミディエイト」を入れ、ウィンドウで表示されるようにしました。

「エッジループに沿って」にチェックをいれ、「エッジの割合」を調整します。きりのいい数字が良いです。

後二本追加するので、適当な数値だときれいにそろえるのが大変です。ここでは「90」とします。

image285l

全部に入れてみました。

一番下のエッジは数値が逆になりました。「10」です。

恐らく内部的な情報で順番が決まっているので、その関係かと思います。あわてず、100から最初の数値を引きましょう。

この辺の動作はLightwaveっぽいです。

 

ポリゴンループを選択してゆきます。

image286l

図でハイライト表示されているポリゴンを選択します。「u」でポリゴンを左クリックです。

その隣のポリゴンを「Alt」+中クリックでポリゴンループを選択できます。

その下二つのポリゴンループは、上記の手順を「Shift」を押しながらすることで追加できます。

 

選択が出来たら「Ctrl」+「d」で複製します。

「x」でスケールツールにします。

image288l

ビューを回転させ、xz面が掴みやすいようにします。

ハンドルの真ん中の黄色い四角がワールドに対し、水平になるようにします。

image289l

適当に引き伸ばします。

少し色気を持たせたいので、伸ばした面の下の面が斜めになるようにしたいと思います。

「i」でエッジ選択にし、「Alt」+中クリックで図のように選択してください。

image290l

エッジループが選択できます。同様に「Shift」を押しながら他の二つのエッジループも選択します。

image291l

「v」で移動ツールにし、y軸を掴んで少し上に上げます。

 

とりあえずここまでとします。モデリングは完了です。次にUVに入りたいと思います。

その前にスムージングの角度についても書いた方が良さそうにも思います。

scene05

 

では、今回はこのへんで。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です