modtoolで竜の頭31 - アニメーション8

また間が開いてしまいました。

またまた久しぶりに見てびっくりしました。

以前作った動きとは根本的に動きの正確が違いますね、、

 

完全に回転系の動きになっています。

これに比べると前回のものはパンチでは、ストレートになると思います。

 

自分で作っておきながら相変わらず無責任です。

リアルタイムで、作成と説明をしているのでご容赦ください。

 

さて、本題です。

大事な機能を紹介するのを忘れておりました。

以前Softimage(SoftimageXSIの前身)を使っている時にドープシートにとてもお世話になりました。

初めてXSIを使った時にそれを見ると、明らかに機能が少なくなっています。

使い勝手も悪くなっていました。

 

それに気を悪くし、しばらく嫌気が差していたのですが、

どうも位置づけを変えたようです。自分はそう受け取りました。

 

それらの機能はエクスプローラやタイムスライダーでほぼカバーする。

ということになったのだと思います。

 

今回紹介する機能はキーフレームの時間軸の移動です。

アニメーションエディタでも同様の事は出来ますが、もっと手っ取り早くやる方法です。

 

今回の作業で説明します。

現在自分がこのモーションで気になる部分は、下顎の動きのタイミングです。

恐らく最も大きく口を開いていなければならないのは115フレームあたりです。

現在は100フレームにキーが打ってあります。それを修正します。

 

下顎の骨である、bone4を選択します。

「Shift」+マウス右ボタン100フレームの前後が選択されるように

タイムスライダー上をドラッグします。適当でかまいません。

image223l

その選択された箇所にポインタを当てると、ポインタの形が

縦線と横矢印の形か、手のひらの形に変わります。

矢印の場合はスケールを変更できます。複数のキーが含まれていればその範囲でスケールを変えられます。

手のひらの場合は移動です。ただしどちらもマウスの中ボタンで行う必要があります。

手のひらの状態でドラッグし、キーフレームが110フレームになるようにドラッグします。

先ほど115と書きながら、なぜ110なのかというと、やはりそれ以前にもあいている形が欲しいためです。

 

これも個人的には良く使う手法です。

動きの一番頂点(言い方変ですが)にキーを置くのではなく、その前後、もしくは両方に

キーを置きます。

そうすることにより動きが自然になります。

キーは多ければ良いものでも、少なければ良いものでもありません。

やはり適度に、という言葉しか見つかりません。

作成されたファンクションカーブを見ればどれくらいの腕前か分かる、と言われる所以です。

dragon12

データをあげます。

本当は修正箇所を全て直して、最終データをアップしてしまおう、と思って

作業を進めていたのですが、落ちました、、奇しくも今回紹介したタイムスライダーでの

キーの移動をしている最中に落ちました。

セーブしていなかったので作り直しです。

 

二回目はもっといいものが出来る。と前向きになるしかありませんね。

次こそ最終データをアップします。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です