Generic BRDF Shader

また3D人さんのサイトで教えていただきました。

リアルタイムシェーダのようです。早速試してみました。

結果はこんな感じです。

image784l

どうもパラメータの名前が間違っているような部分やら、機能しない部分があるように思います。

XSI用に作られていないからかもしれませんが、Mayaでもテストしてみました。職場でやったので画像がありません。

スクリプトファイルを開いてみてみると、初期値が設定されていますが、Mayaでは反映されていませんでした。

値を見ながらMayaで初期値を入力してみましたが、XSIとは同じになりませんでした。何とも不思議です。

まだそれ程試していないので、見落としている部分も否めません。

 

簡単に使うには少しコツがいるようで、大した事ではないのですが画像が必要です。

DummyImages

ファイルに、Dummy_White.tga、Dummy_Black.tga、Dummy_NM.tga、と記述されていたので、それらしきものを作りました。

XSI7.5ではプロジェクトにセットされている「Pictures」ディレクトリに入れておけば問題なかったのですが、ModToolでは

シェーダファイルと同じディレクトリに無いと読み込んでくれませんでした。

自動で読み込んでくれないと、自分で読み込ませることになります。ただ面倒なだけですが。

それでも、BRDF Sampler、とBRDF Sampler2にbrdf.tgaを読み込んでくれなかったので、手動で読み込みました。

 

折角なので、作ったモデルで表示してみよう、と思ったのですがModToolは入出力に制限がありました。残念。

image785l

あれ?このシェーダはUnityでも応用できそうな気がする。今度試してみます。

コメント/トラックバック (2件)

  1. ymt3d のコメント:

    こんにちは!サイト見ていただき感謝です!
    Generic BRDF ShaderをXSIで試されたんですね!
    このシェーダーなかなか綺麗ですよね、最初触った時は解り辛かったですが・・
    ちなみに私はMayaでテストしました。

  2. 研究員 A のコメント:

    コメントありがとうございます。

    綺麗ですねぇ、
    色々と実験のしがいがありそうですね。
    教えていただき、ありがとうございます。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です