リグの紹介

言い訳がましいようですが、言い訳です、、

どうも最近生活の方が色々と忙しく中々更新する機会がありませんでした。

 

仕事では学生方の作品を見させていただく機会があり、

とても勉強になり、刺激になるのですがとても重労働をしておりました。

ものを言うのであればあくまでも同じ土俵に立つことを意識しましたが、

現場の人間として厳しくするのもやさしさなのか?などとも思い、

苦しい葛藤を続けましたが、やはり自分のやり方で通してみました。

元々自分の人生は自分でしか責任が取れないので

何を言おうが言われようが関係ない。などとも思うときりがないですね。

 

そのあたりのグチ(?)はここら辺にして、

タイトルどおりのことをやります。

今回新たにリグの構築をしてゆくに当たり、以前作ったものを刷新しようと思っております。

元々自分で使うことだけを前提として作ったのでいい加減で洗練されておりません。

どこまで洗練できるかは分からないのですが、

今参考にしようと考えているものは、Anto Matkovicというページで配布されているものです。

Rigs…から「download it here」の「here」をクリックするとダウンロードできます。

XSI6.02以上で使えます。(Modtoolでの動作確認はしておりません、申し訳ない)

 

このリグは特に股関節の動きが個人的にはすごいと思います。

それに比べると肩関節がおざなりになっているので、残念至極ですがそこまで望むのは贅沢ですね。

これを参考にして自分の理想を入れてゆこうと考えております。

 

では、今回はこの辺で。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です