normalマップのコンバイン

さて、忘れないうちに、記事にしておきます。
フォトショップで2つ以上のノーマルマップを混ぜる時、手軽に済ませる場合は、
上に載せるレイヤーをオーバーレイで載せる、という方法がある。というように書いたかと思います。
でも、それではブルーチャンネルが飽和してしまい、物によっては好ましい結果が得られない。というように書きました。
で、dDoを使っていると、簡単に正しい結果(好ましいとは限らない)を得られる方法がわかったので、記事にしておきます。

 

まずはフォトショップで、画像を作ります。
ノーマルマップなので、もちろんRGBです。
そこに「ベタ塗りレイヤー」をグレーで作成します。
2014_07_29Image_02
済みません、、家で使っているフォトショップは未だに7.0です。
一応機能としては事足ります。
比較的新しいフォトショップでは、スマートオブジェクト、という機能がありますが、
SubstanceDesignerを使っていると、何がスマートなのだか甚だ疑問を感じます。
まぁ、愚痴はさておいて、
次に、一つ目のノーマルマップを読み込み、レイヤーとして追加します。
2014_07_29Image_03
ここでは、フォトショップで作った画像を配置しました。
もう一枚画像を読み込み、配置します。
2014_07_29Image_05
次に配置した画像に対して、レイヤースタイルで、「カラーオーバーレイ」を追加し、RGB255,255,128のカラーを「焼き込み(リニア)」
を追加します。
2014_07_29Image_06
最後に、再び「ベタ塗りレイヤー」を一番上に作成し、RGB0,0,128に変更し、ブレンドモードを「覆い焼き(リニア)」でブレンドさせます。
2014_07_29Image_07
で、完成です。

 

どうも調べてみると、レッドチャンネルとグリーンチャンネルはオーバーレイの計算式で問題なく処理できるのに対して、
ブルーチャンネルは乗算する必要がある。ということだそうです。
なので、これ以外の方法でやろうとすると、演算を使い、上記のような処理を行う必要があります。
でも、この方法では、新たに追加したノーマルマップには、レイヤースタイルを追加するだけで、あとは不透明度を調整すれば、
いくらでもブレンドさせることができます。
なるほど、便利だ。
と、言いたいところですが、SubstanceDesignerを使えば、そもそもライブラリとして、そういったノードが用意されているので、
そんな面倒臭いことをする必要もない。
でも、どういった処理が必要か、ということを知るのは重要だ。
SubstanceDesignerでも、すでに用意されているノードの実体を開いて、見ることができる。

 

SubstanceDesigner、次のバージョンアップでは日本語化がされるとかで、助かります。
ZBrushもバージョンアップするし、3Dcoatはノードベースになろうとしている、、
追いついてゆくのも大変だ。でもそれ以上に新しい機能を知りたくてウズウズしてしまう。

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です