フォトショップスクリプト4 - tgaとpsdの保存

以前公開を迷っていたスクリプトを公開します。

このスクリプトを実行すると開いているファイルをpsdで保存し、

その上のディレクトリにtgaを保存してくれます。

 

注意点は、ファイルを一度名前をつけてからpsdで保存することと、

アルファチャンネルは二つ以上作らない。ということです。

アルファチャンネルが無いデータでは24ビットとして保存され、

アルファチャンネルがあるデータでは32ビットとして保存されます。

アルファチャンネルが2枚以上あるとtgaには白いアルファチャンネルが保存されてしまいます。

効果レイヤーのアルファチャンネルは数に含まれません。


var docRef = app.activeDocument;

var fPath = new String( app.activeDocument.path );
fPath = fPath.substring( 0, fPath.lastIndexOf("/") );
fPath = fPath.concat( "/" + app.activeDocument.name );
fPath = new File( fPath );

targaSaveOptions = new TargaSaveOptions();
targaSaveOptions.alphaChannels = true;
targaSaveOptions.resolution = TargaBitsPerPixels.TWENTYFOUR;
if(activeDocument.channels.length >= 4)
{
	targaSaveOptions.resolution = TargaBitsPerPixels.THIRTYTWO;
}
targaSaveOptions.rleCompression = false;

docRef.saveAs( fPath, targaSaveOptions, true, Extension.LOWERCASE );
docRef.save();

最近はどのツールでもpsdファイルを読み込むことが出来るので必要ないかと思ったのですが、

データコンバートなどで大量のpsdファイルを変換する必要があるときにめんどくさいだろうと思い公開しました。

どうぞご自由に。

といっても相変わらず元ねたはパクリですが、、

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です