フォトショップスクリプト7 – 画像の引き伸ばし2

またまた突然ですが、フォトショップのスクリプトです。

以前公開したスクリプト、画像の引き伸ばしですが、やはりアンチエリアシングを使いつつも適用できないものだろうか。

と試行錯誤してやってみました。

 

結論から言うと、前回のものに選択範囲の縮小と、フリンジ削除を加えました。

そして、ぼかしをコメントアウトしました。

 

用途は限られると思いますが、何かの参考になれば幸いです。

 

ちなみにこれを作っていて分かったことは、

全てのコマンドがスクリプトからアクセス出来るわけではなく、

アクションスクリプト(?)だかを介すことで使えるようになるそうです。

スクリプトリスナーで出力される形です。

 

なので、フリンジ処理はそれを使いました。

選択範囲の縮小の範囲を変えたければ、

10行目の

activeDocument.selection.contract(1);

の括弧内の値を変えてください。

フリンジの範囲を変えたいときは、

20行目の

desc3.putUnitDouble( id10, id11, 1.000000 );

の1.000000の部分を任意の数値に変更してください。

Expand2

text = prompt("繰り返し回数","1");

a = parseInt(text);

if(a>=1)
{
chObj = activeDocument.channels[3];
activeDocument.selection.load(chObj);
//選択範囲を1ピクセル縮小
activeDocument.selection.contract(1);
activeDocument.selection.copy();
activeDocument.artLayers.add();
activeDocument.paste();

//フリンジ処理1ピクセル削除
var id9 = charIDToTypeID( "Dfrg" );
var desc3 = new ActionDescriptor();
var id10 = charIDToTypeID( "Wdth" );
var id11 = charIDToTypeID( "#Pxl" );
desc3.putUnitDouble( id10, id11, 1.000000 );
executeAction( id9, desc3, DialogModes.NO );

//透明領域の保護とぼかし処理
// activeDocument.activeLayer.transparentPixelsLocked = true;
// activeDocument.activeLayer.applyGaussianBlur(1);

activeDocument.layers[1].visible = false;
app.purge(PurgeTarget.CLIPBOARDCACHE);

for(b=1; b<=a; b++)
{
for(i=0; i<8; i++)
{
activeDocument.activeLayer.duplicate();
}
activeDocument.artLayers[1].translate(0,1);
activeDocument.artLayers[2].translate(0,-1);
activeDocument.artLayers[3].translate(-1,0);
activeDocument.artLayers[4].translate(1,0);
activeDocument.artLayers[5].translate(-1,-1);
activeDocument.artLayers[6].translate(1,1);
activeDocument.artLayers[7].translate(-1,1);
activeDocument.artLayers[8].translate(1,-1);
activeDocument.mergeVisibleLayers();
}
activeDocument.layers[1].visible = true;
}
else
{
alert("1以上の数を入れてください。");
}

コメント/トラックバック (4件)

  1. eldesigner のコメント:

    it was very interesting to read giken.workarea.jp
    I want to quote your post in my blog. It can?
    And you et an account on Twitter?

  2. 研究員 A のコメント:

    Thank you for writing it.
    Quote, and please freely.
    It doesn’t have the account of Twitter.
    Thank you.

  3. poli_kolozaridi のコメント:

    I would like to exchange links with your site giken.workarea.jp
    Is this possible?

  4. 研究員 A のコメント:

    Thank you for writing.
    The links that you may have, no place to put this site link.
    Thank you.

コメントする

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックする

トラックバック用URL:

アニメーションが親切に解説されております

レンダリング、ライティングの基本が分かります

図版が見やすい美術解剖書です